ホープ1

リブボート(複合艇)PRシリーズの2018ニューモデル「PR-580C」。インフレータブル(空気膨張)ボートをベースに船底を硬質の繊維強化プラスチックで形成。V型の滑走船型として、低速時はインフレータブル同様の大きな予備浮力によって復原力が確保され、高速時は波浪衝撃にも難なく走破する強度を併せ持つ。

硬質素材のみのボートより軽量で高速性能を発揮できる。チューブ部分が防舷材の機能を兼ねることから海上保安部の臨検艇や巡視艇、救難艇としても活躍中。安定性と走破性の高さを応用してフィッシングボートとして開発されたのがPRシリーズだ。

風に流されず回転しないので釣りに集中でき、スタンディングでのキャスティングも安心。ボート初心者でも不安なくグイグイと舵がきれるのも魅力。
ホープ2
ハンドル仕様の10人乗り。20フィートクラスの硬質材ボートより軽量。80~90馬力搭載でもすばらしいパフォーマンスを得られ、走行テストでは楽々30ノットをオーバーする快速性能を発揮。

サイズは全長5.8メートル、全幅2.44メートル、チューブ径0.52メートル、5気室。船内長4.5メートル、船内幅1.4メートル、定員10人、最高搭載出力90馬力。

船体のみのメーカー希望本体価格¥238万。船外機、法定安全備品は別途。船外機スズキ90馬力、またはヤマハ80馬力とのセット特価で販売中。

ホープボート
TEL050(2018)0243=関東
TEL06(4400)5083=関西
TEL093(481)8080=九州

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る