「第14回江戸前釣り大会 カレイ釣り2018冬」開催 優勝は45センチ嶋崎正人さん

レディース賞の杉田さん

2月18日(日)、東京湾で第14回江戸前釣り大会=東京湾遊漁船業協同組合主催=が行われた。264人が参加し、12船宿から全15隻が出船。平和島のまる八の桟橋での表彰式の様子を取材した。〈本紙・宮﨑千恵〉


前夜からの強風で心配されたが、なんとか出船できて、風は次第に弱まり天気にも恵まれた。

同大会は今年で14回目。午前7時30分に出船し、午後2時納竿。釣り座は抽選で、竿は2本まで使用できる。対象魚はマコガレイ。1尾の全長で競われ、同寸の場合は重量で順位を決める。各船1位の横取り方式で1~5位が決定。このほかレディース賞やジュニア賞、一番数を釣った人にはトップ賞が贈られる。

午後2時50分から参加船が次つぎと、まる八の桟橋に到着。船中1位の人が釣果を持って降りてくる。事前情報では44センチを上げた人が多いとのことで、正確に検寸。

松本有生くん(小5)は、お母さんと参加。船釣りを始めて3年。釣りの研究に熱心で、前日に本紙の「マコガレイの誘いかた」を読んできたと教えてくれた。その釣り方を実践すると見事にアタリを導き、大人でも型を見ない人がいるなか、2尾目の40.3センチでジュニア賞に。
ジュニア賞の松本くん
まる八から参加の堀尾忠教さんは、「朝は寒かったので、活性が低いと思ました。波で仕掛けが動き過ぎないように、イトフケを出して狙いました」と昨年のトップ賞に続いて2位だった。ほか入賞者は別表参照。

表彰後の抽選会では、たくさんの賞品が用意され、盛況のうちに終了となった。
入賞のみなさん
東京湾遊漁船業協同組合では「江戸前のカレイ釣りにこだわり続けることで皆さんの記憶に残り覚えてもらえる」。として数がでにくいなか、毎年続けている。カレイを含め、稚魚放流をおこなっており、今年は3回予定。近くの学校の子どもたちが参加することもあり、将来を見据えた活動をしている。江戸前カレイを多く見られるときがくることを願う。kekka

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年1月24日号表紙
    ■今週の特集 「陸っぱり盛況」 好期を迎えているメジナやクロダイ、ファミリーに最適なア…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は趣向を変えて、船エサ釣り、オフショア…
  3. 週刊へらニュース 2020年1月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「手賀川(千葉)」 千葉県柏市~我孫子市を流れる手賀川は東西に長く…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 泳がせで狙う高級根魚五目」 ~魅力は食味と青物並みの馬…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年1月17日号表紙
    ■今週の特集 「釣りフェスティバル」特集 1月17~19日にパシフィコ横浜で開催される…
  6. 週刊へらニュース 2020年1月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「長島新堀(千葉)」 野釣りではアタリオデコも珍しくない、過酷な季…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年1月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、いよいよ本格的なシーズンに突入した…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年1月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「波止釣り!! 名古屋港クロダイ攻略戦」 ~ハワセ釣りで冬の難敵に挑…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年1月10日号表紙
    ■今週の特集 「初釣り」特集 東京湾初タチ会心 令和2年祝いダイ乱れ咲き 清流…
  10. 週刊へらニュース 2020年1月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「門池(静岡)」 長年の放流継続が実を結び、真冬でもウキが動く釣り…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る