「第1回全日本チヌ釣り大会in上五島」開催 長崎・上五島 5月24~27日

goto

5月24日(木)~27日(日)の四日間、長崎県の上五島で「第1回全日本チヌ釣り大会in上五島」=実行委員会主催=が行われる。
詳細は次の通り

  • 日時…5月24日(木)~27日(日)。24日(木)の10時~受付、 11時開会式。大会検量受付時間 午前8時~午後5時。27日(日)は午後1時検量締め切り。検量は期間内毎日実施。最終日に結果発表
  • 参加費…大人¥2000、中学生以下¥1000。ともに保険代込み。受付場所は有川・うどんの里
  • 部門…町外一般、町内参加、レディース、キッズ(保護者同伴)
  • 対象魚…クロダイで1尾の長寸で競う。同寸の場合は重量で判定
  • 釣り方…船釣り、ルアーは禁止。そのほかは制限なし
  • 賞…一般の部¥51万、町内参加、レディース、キッズは各¥5万1000。女性または子どもが総合トップの場合は¥51万の権利あり。その場合、女性、キッズ部門の次点に¥5万1000。町内(新上五町在住者)参加者は¥51万の権利なし。一日ごとの優勝者に¥1万。開会式、型開式は毎日実施
  • 注意点…ライフジャケットは必ず着用。帽子、靴などは各自持参。釣り禁止区域(船、イカダ、消波ブロックなど)の順守徹底。エサは町内の店舗で購入すること。釣具店やトイレの位置を記したマップを作成
  • 申し込み方法…フェイスブックページのメッセンジャー、またはFAX(0959-46-3512番)。参加者全員分の情報を明記のうえ「第1回チヌ釣り大会事務局」まで。詳しくは第1回全日本チヌ釣り大会ⅰn上五島のウェブサイトhttps://kamigotofishing.jimdo.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  6. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  10. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る