「子どもかんきょう釣り教室」開催 三重・いなべ市 6月17日

6月17日、三重・いなべ市で釣りと環境保全を学ぶ「子どもかんきょう釣り教室」〈主催・認定NPO法人日本釣り環境保全連盟、東海釣りインストラクター協議会JOFI東海〉が開催される。

管理釣り場で環境に優しいルアーを作り、ルアーやエサでニジマスを釣って、塩焼きにしておいしく食べる。新緑の管理釣り場で過ごす一日。子どもと一緒に参加してみてはいかがだろう。

詳細は次の通り。

  • 開催日…6月17日(日)。午前8時30分集合、午後1時終了予定
  • 場所…フィッシングサンクチュアリ(三重県いなべ市藤原町山口1872)
  • 参加費…200円(当日受付で支払う)
  • 募集対象…小学3年生~中学3年生(保護者同伴、小学3年生未満は要相談)
  • 募集人数…30人(10人以下の場合は中止)
  • 教室内容…(1)環境を学びながらルアーを作る。(2)ルアーやエサでニジマスを釣って食べる
  • 服装・持ち物…釣りのできる服装。クーラー、雨具、救命具など。釣りに必要な物は主催者が用意。自分のタックルがある人は持参してもOK。家族用のタックルもあり(有料1000円)
  • 申込締切…6月10日(定員に達し次第締切)
  • 応募方法…参加者の住所、氏名、性別、学年、生年月日、メールアドレス、電話番号、同伴者のさん名をメール、またはファックスで連絡する
  • 申込先…日本釣り環境保全連盟=tsuri2018@npo-jef.jp 東海釣りインストラクター協議会・松岡=takaharu-matsuoka@gctu.ne.jp FAX0561(53)3255

▼問い合わせ
JOFI東海事務局・松岡
TEL0561(53)3255(午前10時~午後7時)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯グレの気配」 秋が深まるにつれうるさかったエサ取りも次第に少な…
  2. 週刊つりニュース中部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のウタセマダイ攻略」 ~エサの刺し方が最大のキーポイント!! 「…
  3. 週刊つりニュース西部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯クロ釣り」 さあ、秋磯のクロの季節がやってきた。今回の「今週の…
  4. 週刊へらニュース 2018年10月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「潮来前川(茨城)」 不安定な陽気が続くもののようやく暑さが落ち着…
  5. 週刊つりニュース関西版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タイラバ秋の陣」 シンプルでライトなアイテムで手軽に良型マダイを狙…
  6. 週刊つりニュース西部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「大分沖・船タチウオ」 現在、大分沖の船釣りで脚光を浴びているのがタ…
  7. 週刊つりニュース関東版 2018年10月19日号
    ■今週の特集 「落ちハゼ」 これからがシーズンになっていく落ちハゼの釣り。 身近な…
  8. 週刊へらニュース 2018年10月12日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「亀山湖(千葉)」 あまり知られていないが、実は秋も大型の好シーズ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「伊勢湾の沖釣りは旬魚満載!! 秋のウタセ五目」 ~釣れた魚は全て本…
  10. 週刊つりニュース関西版 2018年10月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「痛快! 磯のイシダイ釣り」 秋は磯の底物が荒食いする季節。アタリも…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る