「2014ステファーノグランプリ決勝大会」リポート

2014ステファーノグランプリ決勝大会

 12月6日(土)、内房・勝山で「2014ステファーノグランプリ決勝大会」=シマノ主催=が開催され、庄幸丸に乗り取材した。前日までの強風で海況が落ち着かない中、各予選を勝ち抜いてきたツワモノたちがデッドヒート。抜きつ抜かれつの展開で、鶴岡克則選手が50尾の好釣果で優勝した。

〈週刊つりニュース東京本社・杉田研人〉

 剣崎・松輪、久比里、勝山の各地で行われた予選を勝ち抜いた49人が決勝の舞台・勝山に集う。

厳しいコンディションの中熱戦が繰り広げられた

厳しいコンディションの中熱戦が繰り広げられた

 参加船宿は本紙協定の利八丸・庄幸丸と宝生丸。順位は総尾数で競われ、表彰は各船1位の横取り式。

 受け付けを済ませ午前6時、釣り座の抽選が行われると、庄幸丸には各予選のトップ通過者や前年度3位、一昨年度優勝者が四隅に固まり、早くも激戦の予感。

 開会式を終え7時に出船。開始のブザーが鳴り各船一斉にポイントに向かう。釣り場は浮島から南側の近場。水深は10~15メートルと浅く、小型が多いうってつけのポイント。

 しかし、船長が「夜中2時半まで吹いていた」という海。波は高く底を取るのも難しい様子。右に左に揺れる厳しいコンディション。

 大会スタッフは「日が昇るにつれて北に風向きが変わり波は収まる」と言うが、ミヨシ側では「立っていられないよ」と取り込み時以外は座って闘わずを得ない状況。

 そんな序盤に抜け出したのは右舷ミヨシ2番の石井康夫選手。隣の前年度3位・田渕雅生選手と競うように上げ、開始1時間足らずで両選手ツ抜け。高波も何のその、快調なペース。

 9時を回り少しずつ波が収まりだした中盤、右舷大ドモに入った勝山予選1位の鶴岡克則選手が連発。釣り座の利を生かし広範囲にキャストして一躍トップに。反対舷の大ドモでは剣崎・松輪予選1位の小菅義弘選手が虎視眈々と追走。

 左舷ミヨシの一昨年度の優勝者・三石忍選手は「勝山の海は苦手…」とこぼしつつも良型を連釣。数勝負の小さめのハリで型ものを上げるのは流石。

 10時、鶴岡選手が一抜けし40尾を数えたころ、次頭とは10尾以上の開きがあった。しかしここから石井選手の猛追撃が始まる。ダブル2連発で一気に差を詰めると、その後も追釣。

 同舷同士、離れているとは言え、釣果の度合いは互いに分かる。意識し合いながら、最後の最後まで誘い続けてタイムアップ。

 船上で右舷ミヨシ側から検量が行われ、石井選手が47尾とカウントされると、トモがざわつく。結果、鶴岡選手が50尾で逃げ切った。

 閉会式では、各船の1~3位の発表があり、総合順位の表彰へ。船中のシーソーゲームを制した鶴岡選手が総合でも優勝の栄冠に輝いた。

 試合後のインタビューでは「釣り座に恵まれ、それがプレッシャーになったが、この大会のため準備してきたので結果が出てよかった」と喜びを爆発させた。釣果については「キャストしてツブ根を探し、根の手前に落として拾い釣りしていったのがよかった」とコメント。

 一方、47尾と全体で2番目の釣果だった石井選手は「これが大会の面白さ。また挑戦しますよ」とにこやかに勝者を称えた。

2014スティファーノグランプリ決勝大会 総合結果
(各船1位横取り式)
順位 氏名(敬称略) 尾数 船宿
優勝 鶴岡克則 50 庄幸丸
2位 大野浩司 39 宝生丸
3位 鈴木康一 37 利八丸

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る