第15回荒川屋年末シロギス釣り大会 結果

第15回荒川屋年末シロギス釣り大会

 12月14日(日)、東京湾金沢八景(瀬戸橋)の荒川屋で「第15回荒川屋年末シロギス釣り大会」が開催された。
 同宿に通って腕を磨く釣り人らが主体となって賞品を用意したり、当日の運営をするというアットホームな大会。成績はキスの総重量で、3位までは3隻の横取り制。
 近場のポイントはナギで、イベントにふさわしい陽気。潮は緩いが朝から食いはよく一日アタり続けた。3隻計4000尾以上、1隻では6人が束釣りで計3~4キロと型が揃った。水深25~30メートルと少し深く落ちのポイントで食い始めている。
 優勝は大船長の2号船から109尾で4256グラムを記録した戸嶋浩明さん。この釣りの名手と言われる氏だが、大会15年目にして初の栄冠を飾った。
 1号船で4029グラムだった味埜敏郎さんは、昨年からの連覇とはならずも、さすがの準優勝。3位は3号船の石井聡さん。昨年準優勝だった石井晴菜さんのお父さん。晴菜さんは大学受験のため不参加。
 表彰後は、空くじなしの抽選会などで、順位に関わらずサオやリールなど豪華賞品が参加者に渡り、大盛り上がりのなか散会となった。
 上位入賞者(敬称略)の総重量・総尾数・乗船番号は以下の通り。

 優勝…戸嶋浩明4256グラム109尾(2)
 準優勝…味埜敏郎4029グラム114尾(1)
 3位…石井聡3386グラム83尾(3)
 4位…中山幸一3922グラム105尾(2)
 5位…栗林正勝3888グラム100尾(2)
 6位…井上良久3859グラム105尾(2)
 7位…壱岐孝夫3859グラム100尾(2)
 8位…秋元輝次3742グラム98尾(2)
 9位…荻野裕一3580グラム95尾(2)
 10位…今野幸一3524グラム91尾(2)

荒川屋=報〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年9月27日号表紙
    ■今週の特集 「カワハギ特集第二弾」 名手たちの釣行取材や最新アイテム 本紙お勧め…
  2. 週刊つりニュース西部版 2019年9月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「大分沖・船タチウオ」 ギラリと光を反射させながらファイトするその正…
  3. 週刊へらニュース 2019年9月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「鳥羽井沼自然公園の池」 台風の影響などで気温の高い日はあるものの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年9月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「お手軽&低予算で楽しもう!! 堤防型釣り堀」 ~マダイやハマチに加…
  5. 2020_つり手帳
    2020年版『つり手帳』好評発売中→http://tsurinews.co.jp/p…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年9月20日号表紙
    ■今週の特集 「カワハギ特集第一弾」 名手たちの釣行取材や最新アイテムなどを紹介 …
  7. 週刊へらニュース 2019年9月20日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「新木水路」 朝晩は秋の気配を感じるようになり、猛暑に泣かされてい…
  8. 週刊つりニュース中部版 2019年9月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「多彩なターゲット魅力!! ウタセ五目の季節」 ~お手軽・釣って良し…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年9月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋アオリイカのエギング」 ずばり、秋アオリイカは数狙い。港や波止、…
  10. 週刊つりニュース関東版 2019年9月13日号表紙
    ■今週の特集 「キハダ・カツオ」 先月、コマセでの釣り方が解禁になった相模湾のキハダ・…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る