マルキユー「9th大阪湾チヌ釣りフェア」リポート

マルキユー「9th大阪湾チヌ釣りフェア」リポート

 12月7日(日)、大阪府・大阪南港の新波止で、マルキユー主催の「9th大阪湾チヌ釣りフェア」の決勝戦が開かれた。
 マルキユー指定の渡船店それぞれの代表選手をはじめ、昨年度上位入賞のシード選手、MFG(マルキユーファングループ)代表選手、レディース代表選手の36人が大阪南港の丸高渡船に集まった。

 午前6時集合。受け付けや抽選を行い、ゼッケンなどを決定。競技説明ののち、渡船に乗り込む。 大会規定はチヌ、キビレ2尾までの長寸。ウキを使用したフカセ釣りで、1本バリ仕掛けに限られている。

当日選手全員に配られたエサ、同じ条件のもと競技された。

当日選手全員に配られたエサ、同じ条件のもと競技された。

 選手に配布された刺しエ、撒きエは、生オキアミ3キロとナンバー湾チヌ2袋、ニュー活さなぎミンチ激荒、くわせオキアミスーパーハードL、食い渋りイエロー(練りエサ)、アミノ酸α(摂餌促進剤)。同条件のもとで、各選手の腕前勝負となった。
 新波止では渡船発着場を3カ所設け、ゼッケン番号に合わせて各発着場で降りていく。準備が整ったところで7時30分開始。前週からの厳しい冷え込みで水温は低下。西寄りの風が吹き付け、沖側は波立っている中でのサオ出しとなった。
2位の中野勝選手

2位の中野勝選手

 開始まもなくサオが曲がり、チヌ、キビレが取り込まれていく。20センチ台の小型が続く中で50センチにわずかという49センチ台が上がり、大阪南港の濃い魚影を確認するとともに、各選手のレベルの高さが感じられる。
 
3位の牡丹仁選手

3位の牡丹仁選手

ウキ下は6ヒロ前後で底スレスレか、少しハリスがはうように設定。完全遊動仕掛けや、1号オモリできっちりタナを決めた遊動仕掛けなど、得意とする攻め方で魚にアプローチ。 アタリが集中したのは満潮から下げに入った1、2時間。海面下しぶしぶで浮力を抑えたウキが、鮮やかに消し込む。タモに納まる本命は40センチ台の良型がほとんどで、誰が一発当てるか分からない状況が続く。
 仕留めた魚はすぐに審査員が検寸。選手の手で元気なままリリースされる。 沖向きでは、くわせオキアミスーパーハードLの刺しエが高い効果をみせる。大和川が流れ込む内向きを攻める選手はエサ取りのフグに苦戦。くわせオキアミではもたないため、ニュー活さなぎミンチ激荒に含まれるコーンを刺しエにして、44.5センチを上げている。
上位入賞者

大型乱舞の大会を制した上位3人。それぞれの選手に豪華賞品が贈られた

 午後1時終了。一人で4~5尾上げている人は珍しくなかった。 優勝に輝いたのは、49.5センチと45センチで合計94.5センチの出口修選手(大阪市)。2位は49.4センチと44.3センチで合計93.7センチの中野勝選手(大阪市)、3位は49.8センチと41.6センチで合計91.4センチの牡丹仁選手(堺市)。
 優勝した出口選手は「ベタ底狙いで、50センチほどハリスをはわせるイメージです。ミチイト2号、ハリス1.7号の太めで、掛かれば切られないようにしています。潮が変わってから、2回アタリがあって2尾です。とてもラッキーです」と語った。

 ▼問い合わせ
 マルキユー(大阪支店)TEL072(824)2990
 丸高渡船TEL06(6613)1075

〈週刊つりニュース大阪本社・谷 伸一〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. つり具のまるきん資料
    資料提供:つり具のまるきん …
  2. ピュア・フィッシング・ジャパン 「ロックスイーパー」
    登場以来数多くの実績を残したロックスイーパーの強靭さ、タフさをそのままに最新スペックを搭載。ス…
  3. ホープ 「RAIJIN500CB」
    17フィート6人乗りのフィッシングボート「RAIJIN500CB」が発売中。 17フ…
  4. ウエルエフ「エコギア熟成アクア 活アジストレート」
    ルアーとエサの概念を破壊した「エコギア アクア」をよりエサに近いポジションで、さらなる釣果を徹…
  5. 週刊へらニュース 2017年9月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「薬師沼(埼玉)」 埼玉県はヘラ釣り熱が高く、手軽に楽しめる公園釣…
  6. 週刊つりニュース中部版 2017年9月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のイカダ五目快釣」 ~初心者もお手軽、簡単にアジ、サバ、コノシロ…
  7. 週刊つりニュース関西版 2017年9月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「落とし込みチャンス」 秋は各地に大型の青物の回遊が見られる季節。太…
  8. 週刊つりニュース関東版 2017年9月22日号表紙
    ■今週の特集 「カワハギ特集第2弾」 チームステファーノ鈴木孝さん&中園智晴さ…
  9. 週刊つりニュース西部版 2017年9月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のタイラバゲーム」 シンプルさゆえに奥深いタイラバゲーム。今週号…
  10. 優勝カップを掲げる浅見選手
    8月20日(日)、シマノが主催する第33回シマノジャパンカップ鮎釣り選手権大会の決勝戦が、岐阜…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る