第2回鹿島灘ヒラメ釣り大会 リポート

第2回鹿島灘ヒラメ釣り大会

 12月21日(日)、茨城鹿島で第2回鹿島灘ヒラメ釣り大会が開催され、茨城鹿島新港の桜井丸から取材した。目的の1つは東日本大震災からの復興アピールだ。参加者838人が集まる様子は圧巻。釣った1尾の重量で競われ(同重量の場合は大きさ)激戦を制したのは、5.3キロを上げた東島賢三さん(古河市)だった。

〈週刊つりニュース東京本社・大谷俊夫〉

第2回鹿島灘ヒラメ釣り大会

木之内さんの1尾

 午前4時の受け付けには多くの人が並び、桜井丸の休憩所は参加者であふれる。複数の船に分かれて乗り込み、6時ごろ櫻井正雄船長の操船で出港、ポイントへ走る。
 船長の計画は「朝のうちに数を釣り、全員を楽しませた後で型物を狙う」というもの。しかし前日のシケで底荒れが発生。通い慣れたベテランも「こんなことは初めてだ」と言うほど本命の反応は少ない。船長はこまめに移動。横流しで広くポイントを探る。
 ぽつりぽつりとソゲが上がる中、9時ごろに左舷トモの高橋勝さん(新座市)が1キロ超。「20年間ヒラメを狙い続けています。3年前には8キロを上げました」と笑う。ほぼ同時に左舷胴の間の木之内博子さん(鹿嶋市)が同級をキャッチ。
 船中は活気づき、誘う手にも力は入るが、特大は顔を出さないまま11時の沖上がりを迎える。
 陸に戻ると弁当や豚汁が振る舞われ、参加者はホッとひと息。
第2回鹿島灘ヒラメ釣り大会

上位入賞者と関係者

 

 1時すぎから鹿島新港で表彰式が行われる。地元で採れたハマグリやタコなどが販売され、多くの人でにぎわう様子は祭のようだ。
 小野勲・鹿島灘漁業協同組合組合長と錦織孝一・鹿嶋市長があいさつ。スペシャルゲストの鳥羽一郎さんが演歌を熱唱して会場はヒートアップ。
 景品が当たるミニゲームなどが行われると、いよいよ表彰式。レディース賞、ジュニア賞が発表された後、1位から10位までが表彰された。

 

 唯一5キロ超を上げて優勝した東島賢三さんは、「底から50センチほど上を狙いました。ウネリでオモリが跳ねるようで、それが誘いになったのかも」「アタリはガツンと強く、1度目の引き込みでハリ掛かりしました。掛かった瞬間、間違いなくデカイと確信しましたね。ステイトは30センチほど、ハリスは90センチです。水中ライトなどは使わずにオーソドックスな仕掛けを使いました」とポイントを語ってくれた後、「まさかと言う感じ。船長のおかげですよ」と謙虚に笑う。

 

 今大会は2位から8位までが4キロ台、数百グラムの差にひしめくまさに激戦だった。
参加賞として全員に名産の釜上げシラスが配られ、笑顔と歓声の中、解散した。

第2回鹿島灘ヒラメ釣り大会 順位表
順位 氏名(敬称略) 重量(kg) 船宿
優勝 東島賢三 5.3 菅谷丸
2位 林邦彦 4.9 利喜丸
3位 秋田剛夫 4.6 伊藤丸
レディース賞 阿部美紀 2.88 不動丸
レディース賞 郡司未来 2.82 植田丸
ジュニア賞 菅野真海 3.8 清栄丸

 ▼ユーチューブで動画はこち「第2回鹿島灘ヒラメ釣り大会」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯グレの気配」 秋が深まるにつれうるさかったエサ取りも次第に少な…
  2. 週刊つりニュース中部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のウタセマダイ攻略」 ~エサの刺し方が最大のキーポイント!! 「…
  3. 週刊つりニュース西部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯クロ釣り」 さあ、秋磯のクロの季節がやってきた。今回の「今週の…
  4. 週刊へらニュース 2018年10月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「潮来前川(茨城)」 不安定な陽気が続くもののようやく暑さが落ち着…
  5. 週刊つりニュース関西版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タイラバ秋の陣」 シンプルでライトなアイテムで手軽に良型マダイを狙…
  6. 週刊つりニュース西部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「大分沖・船タチウオ」 現在、大分沖の船釣りで脚光を浴びているのがタ…
  7. 週刊つりニュース関東版 2018年10月19日号
    ■今週の特集 「落ちハゼ」 これからがシーズンになっていく落ちハゼの釣り。 身近な…
  8. 週刊へらニュース 2018年10月12日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「亀山湖(千葉)」 あまり知られていないが、実は秋も大型の好シーズ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「伊勢湾の沖釣りは旬魚満載!! 秋のウタセ五目」 ~釣れた魚は全て本…
  10. 週刊つりニュース関西版 2018年10月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「痛快! 磯のイシダイ釣り」 秋は磯の底物が荒食いする季節。アタリも…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る