「ジャパンフィッシングショー2015」開催 パシフィコ横浜 1月30日~2月1日

昨年のフィッシングショーから

日本最大級!! 釣りの祭典 
  1月30日(金)~2月1日(日)の三日間、神奈川県横浜市みなとみらいにあるパシフィコ横浜で「Japan Fishing Show2015」=一般社団法人 日本釣用品工業会主催=が開催される。出展メーカーの新製品が展示されるほか、会場内では「アングラーズアイドル2015最終選考会」など、内容盛りだくさんの業界一大イベント。ここでは同ショーの概要と注目のイベント。次イチ押しアイテム、ブースや会場図を紹介する。

約180の社・団体が出展「新製品との出会い。横浜から」
 日本最大級の釣りの総合展として長い歴史を重ねてきた同ショー。前回は業界関係者や釣りファンはもとより、初心 者やファミリー層まで3万7000人ほどが来場し、最新の釣り用品の情報や、釣り関連のアトラクションを体験した。 「見て、触れて、その手で試せる」がコンセプトの体験型フェスティバルに、今回は前年を上回る約170社がブース出展。最新モデルをいち早く目にする絶好の機会でもある。 また、会場には多くの女性やジュニアたちも来場。趣向をこらした各種イベントはファミリーで楽しめる。

イベント盛りだくさん!
【メインステージ】

  • THE MEIJIN トークショー…若手の台頭で、さらなる盛り上がりをみせている釣り業界。テーマ別にトッププロを招いたトークショーを31日、1日に開催。テーマはバス、シーバス、船、アユ、オールジャンルとさまざま。両日とも午前10時、午後3時、4時。
  • 釣りレディストーク…人気の女性釣り師が集合し、女性ならではの観点から釣りの楽しさを存分に語り合う。31日、午前11時30分から。
  • 歴代アングラーズアイドル大集合…初代のAica改め本間愛花から文ちゃんこと石川文菜まで5人が勢揃い。応募から受賞後までエピソード満載のトークショー。1日、11時30分から。
  • アングラーズ・アイドル2015最終選考会…今回で6回目となる日本釣用品工業会が認定する釣り業界のイメージアイドルを決める。ウェブ投票を制した10人が会場に集結し、思いのたけを語る。来場者による投票もあり、選考に参加できる。1日11時に投票締め切り。午後1時から最終審査発表予定。投票方法はインフォメーションでチケット提示の上、投票用紙を受け取る。その横にある投票箱に最終選考10人のパネルを参考に投票
  • つりビットオンステージ…芸能界から釣りをテーマにしたアイドルが登場、その名も「つりビット」。そんな彼女たちの素敵なステージが開催。31日午後1時から。

【特設コーナー】

  • キャスティングコーナー…キャストの魅力を体感できる。コーナー協賛メーカーの新製品もこの場で試せる。さらに「プロデモンストレーション」や、キャスティングの基本をひとりずつていねいに指導する「キッズ&レディス」タイムなど、皆が楽しめるコーナー。※会場で配布の整理券が必要
  • オリジナルグッズ販売コーナー…ここでしか買えない、大注目企画! 来場者から要望の多かった販売コーナーがついに登場。しかもこのフィッシングショーのために各社がオリジナルで作った商品が登場
  • ホンモノのマス釣り&金魚すくいコーナー…土、日限定でジャパンフィッシングショーならではの企画。子ども限定。本物のニジマスを大型プールから釣り上げられる。キンギョすくい、ドジョウすくいなど、子どもが楽しめる縁日コーナー。※会場で配布の整理券が必要
  • バーチャルフィッシング体験…まだ大物と出会っていない人へ、釣り上げた感触を楽しめるバーチャルロボットで、ヒットの楽しさ、つり上げまでの格闘をバーチャルに体験できる※会場で配布の整理券が必要
  • 全国B級グルメと日本のうまいお弁当コーナー…全国各地の「おいしい」を味わえる
  • キャンピングカーコーナー…釣りなどのアウトドアライフがもっと楽しくなるクルマを「見て、触って、乗って」楽しめる展示 ほかAED使い方講習などイベント盛りだくさん

【開催概要】

  • 会期…1月30日(金)~2月1日(日)
  • 時間…30日は、午前9時30分~オープニングセレモニー、午後2~6時まで一般公開。31、1日は午前9時~午後5時まで一般公開
  • 会場…パシフィコ横浜展示ホール
  • 入場料…前売り券¥1100、当日券¥1300(税込)。中学生以下、身障者及び付添い人( 1人)は無料

▼問い合わせ
ジャパン・フィッシングショー2015運営事務局
03(5857)8500

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯グレの気配」 秋が深まるにつれうるさかったエサ取りも次第に少な…
  2. 週刊つりニュース中部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のウタセマダイ攻略」 ~エサの刺し方が最大のキーポイント!! 「…
  3. 週刊つりニュース西部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯クロ釣り」 さあ、秋磯のクロの季節がやってきた。今回の「今週の…
  4. 週刊へらニュース 2018年10月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「潮来前川(茨城)」 不安定な陽気が続くもののようやく暑さが落ち着…
  5. 週刊つりニュース関西版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タイラバ秋の陣」 シンプルでライトなアイテムで手軽に良型マダイを狙…
  6. 週刊つりニュース西部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「大分沖・船タチウオ」 現在、大分沖の船釣りで脚光を浴びているのがタ…
  7. 週刊つりニュース関東版 2018年10月19日号
    ■今週の特集 「落ちハゼ」 これからがシーズンになっていく落ちハゼの釣り。 身近な…
  8. 週刊へらニュース 2018年10月12日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「亀山湖(千葉)」 あまり知られていないが、実は秋も大型の好シーズ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「伊勢湾の沖釣りは旬魚満載!! 秋のウタセ五目」 ~釣れた魚は全て本…
  10. 週刊つりニュース関西版 2018年10月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「痛快! 磯のイシダイ釣り」 秋は磯の底物が荒食いする季節。アタリも…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る