「第1回剣崎松輪カワハギ釣り大会」・瀬戸丸「カワハギ釣り大会」リポート

第1回剣崎松輪カワハギ釣り大会


matsuwa_01

剣崎松輪大会でしのぎを削った藤田さん

 1月12日(月・祝)、東京湾剣崎松輪港で「第1回剣崎松輪カワハギ釣り大会」が開催された。乗合船宿8軒10隻に分乗し197人が参加。3尾重量で順位を競った。本紙は第21瀬戸丸に乗船取材。
ポイントは城ヶ島沖水深35メートル。競技開始まもなく右舷ミヨシの参加者が3尾揃える。左舷トモ側でもゼロテンションからのフワフワとした聞き上げ~下げで、まずは規定の3尾をクリア。
 9時45分、右舷胴の間の埼玉から参加した藤田さんが大型をキャッチ。左舷トモ2番に座った調布市の菅野さんも8尾目に良型。その後も型を揃えて連チャンし、船中2位に。この流しはバタバタと検量サイズが上がった。
 しかし、それ以降アタリが止まり散発になってしまう。浅い荒根~35メートルまでを探るが潮も止まって好転せず、11時30分に剣崎沖へ移動。そのまま終了時間を迎えた。
matsuwa_02

剣崎松輪大会MVPの佐藤さん

瀬戸丸1位は1040グラムの田根博之さん。
 沖上がり後、検量の間に参加したダイワの宮澤幸則さんから、「ミヨシ有利の状況を我慢しながら、船下で拾い釣りをした人が奏功した。私は遠投して根掛かり…撃沈でした」と総評。各船1位、2位と総尾数で25尾を上げた成銀丸乗船の佐藤新也さんが表彰された後、全員に当たる抽選会へと進み終了。
 また、1月18日(日)には同港の瀬戸丸で恒例の「カワハギ釣り大会」が開催され、95人が参加。抽選で5隻に分かれ、3尾の重量(横取り式)で順位を競った。 
  午前7時半に港を離れ、全船城ヶ島沖へ。一流し目からぽつぽつとアタり、第21号船では右舷ミヨシの増澤さんがいいペース。 
   10時、水深27~22メートルで、まずまずの型が船中連発。増澤さん、隣の柳田さん…と26、27センチがあちこちで取り込まれる。
 正午をすぎると、風が変わって食いも一服。散発になるが、右胴の間の大高さんに28センチ。左トモでも良型を揃えていく。
setomaru_00 午後1時、剣崎沖44メートルへ。平根のポイントで25センチクラスが数尾上がり、2時沖上がり。
帰港後に検量、5位まで表彰のあと、ジャンケン大会が行われ散会となった。総尾数は28尾を上げた増澤さんで、28センチと27.5センチを揃えた。上位入賞者は別表の通り。

setomaru_01

瀬戸丸主催の大会では柳田さん良型連発

瀬戸丸主催カワハギ釣り大会結果
順位 氏名(敬称略) 3尾合計重量(g)
1位 ハギワラケンジ 1063
2位 カキザワヒデタケ 1053
3位 ヤナギサワヨウコ 989
4位 ミヤザワアツシ 974
5位 ニシヤトモキ 913

▼問い合わせ 瀬戸丸TEL 0468(86)1917

〈本紙・佐藤 理〉

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース西部版 2019年5月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アユ解禁特集」 ファンお待ちかねのアユ釣りが間もなく開幕。5月20…
  2. 週刊つりニュース関東版 2019年5月24日号表紙
    ■今週の特集 「コマセマダイ」 春の乗っ込みで良型の情報が各地から寄せられるマダイ。 …
  3. 週刊へらニュース 2019年5月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「小野川(茨城)」 茨城県稲敷市を流れる小野川の古渡地区は、オール…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年5月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「琵琶湖へ行こう!! 小アユ&ビワマス魅力満載」 ~中部圏から意外な…
  5. 鮎解禁特集2019キャッチ画像
    いよいよシーズンインを迎える鮎(アユ)。毎年発売して大変好評だった「鮎2019 解禁特集」を今…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年5月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アオリイカ(エギング)」 今回の「つり作戦」はエギングで狙うアオリ…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年5月17日号表紙
    ■今週の特集 「マル&ムギイカ」 LTタックルで楽しめ、テクニカルなゲーム性で多くのフ…
  8. 週刊へらニュース 2019年5月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「相模湖(神奈川)」 神奈川県西部にある相模湖が春の好機。歴史のあ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2019年5月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タイラバ&ジギング!! マダイ攻略」 ~ライトタックルでスリル満点…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年5月10日号表紙
    ■今週号は「GW合併号」!! 今週は5月3日・10日のゴールデンウイーク合併号…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る