「第73回新春朽木トラウトグランプリ」結果

「第73回新春朽木トラウトグランプリ」結果

 1月4日、滋賀県高島市朽木の朽木渓流魚センターで「第73回新春朽木トラウトグランプリ」が行われた。
 当日は約90人のアングラーが参加。会場は熱気に包まれ、盛会のうちに幕を閉じた。
 今大会は、ニジマス部門とニジマス以外部門の長寸で競われ、参加したアングラーたちは思い思いのルアーで大物トラウトとのやり取りを楽しんでいた。
 大会の上位結果は次の通り(敬称略)。
kutiki_01◆ニジマス部門
(1)渡辺明弘(京都府・大山崎町)66.1センチ=極小スピナーベイト使用、(2)吉澤睦彦(東近江市)63.6センチ=ルアー使用、(3)今泉輝彦(東近江市)63.2センチ=ルアー使用、(4)大山佳宣(守山市)63・0センチ=マラブー使用、(5)井上正三(枚方市)62.9センチ=スプーン(パールホワイト)使用、(6)小田切毅(東大阪市)61.8センチ=オリジナルルアー使用
kutiki_02◆ニジマス以外部門
(1)木戸利明(大津市)イトウ71.5センチ=ジグヘッドマラブー使用、(2)山本篤史(京都市)イワナ44.3センチ=シャッド使用、(3)増田晋一(甲賀市)イワナ43.5センチ=ミノー使用、(4)海津知彦(摂津市)イワナ42.1センチ=ルアー使用、(5)藤井弘志(大津市)イワナ40.4センチ=ルアー使用、(6)畑kutiki_03中喜行(京都市)イワナ39・0センチ=スプーン使用

朽木渓流魚センター=報〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース中部版 2018年9月28日号表紙
    ■今週のつり作戦 「絶好機到来!! イカダ&カセのカカリ釣りクロダイ痛快」 ~…
  2. 週刊つりニュース西部版 2018年9月28日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯クロ釣り」 酷暑に泣かされた夏も終わり、秋到来の気配が日に日に…
  3. 週刊つりニュース関西版 2018年9月28日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ボートフィッシングに挑戦」 秋は気候もよく、魚種も多彩、ボートフィ…
  4. 週刊つりニュース関東版 2018年9月28日号表紙
    ■今週の特集 「マダイ」 酷暑の夏が終わり、好シーズンに突入し秋の釣行ターゲットにもっ…
  5. 週刊へらニュース 2018年9月28日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「切所沼(埼玉)」 今年の夏は猛暑が続いた。ここにきて多少の残暑は…
  6. 週刊つりニュース関西版 2018年9月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カカリ釣りチヌに挑戦」 年間を通して楽しめるチヌのカカリ釣りだが、…
  7. 週刊つりニュース関東版 2018年9月21日号表紙
    ■今週の特集 「カワハギ」 各地大会もヒートアップ中の「エサ取り名人」の異名を持つ人気…
  8. 週刊へらニュース 2018年9月21日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「新木水路(千葉)」 千葉県柏~我孫子の両市を流れる新木水路は、田…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年9月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アオリイカ最盛期へ!! ボートエギングに挑戦しよう」 ~キャスティ…
  10. 週刊つりニュース西部版 2018年9月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋アオリイカのエギング」 型狙いの春アオリに対し、秋アオリは数釣り…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る