「フィッシングショーOSAKA2015」前年を上回る5万3058人が来場

 2月7日と8日、大阪・南港のインテックス大阪の6号館A・Bゾーンおよび3号館を会場に釣り界最大のイベントである「フィッシングショーOSAKA2015」が一般公開された。

「水辺で出会う夢・感動」をテーマに、今年も多数の企業が参加したこのイベントは今回で52回目を迎えた。当日は朝から行列ができ、前年よりも約1000人多い5万3058人もの人が来場し、大盛況となった。
 6号館A・Bゾーンの各ブースでは、話題の新製品をいち早く触ることができるチャンスである上に各メーカーがイベントも行うため、開場と同時に自分が行きたいブースへ走っていく熱心なファンの姿も見られた。特にルアー関連のブースには朝からたくさんの人が集まり、終了まで多くの人でにぎわっていた。またリールのコーナーも常に人が多くいて、新型リールの性能の良さに驚いている人が多かった。
 各ブースには本紙でおなじみの弓削和夫さん、奥村哲史さん、藤澤周郷さん、わ原伸弥さん、秋山智一さん、深井英司さんたちもいて、熱心なファンの質問に答えたり、セミナーをしたりと、大忙しのようだった。
 また、6号館Aゾーンには救命胴衣無料点検のコーナーもあり、膨張式救命胴衣を無料で点検してもらえるというサービスも行われた。
 6号館Aゾーンの入ってすぐ左側にブースを構えた本紙では、今年も「フィッシングショー特集号」の無料配付を行った。両日とも用意した見本紙があっという間になくなってしまうほどの盛況ぶりだった。
 一方、3号館のイベントホールでは、有名アングラーによるフィッシングスクール、ジュニア&レディース体験マス釣り、釣具の即売会、子どもお祭り広場、マグロの解体ショー、体験仕掛&釣り方教室など、多くのイベントが開催。そしてフィッシングスクールでは、本紙APCの三好仁数さんがアジングの講習を行っていた。
 また、3号館と6号館の間に設置された屋外特設会場にはグルメコーナーである「まんぷく屋台村」が今年も登場し、こちらも多くの人でにぎわっていた。
 なお、来年のフィッシングショーOSAKAは2月6日(土)、7日(日)に開催される予定。
(大阪本社・原田誠司)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース中部版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グレ攻略!! 難易度変わる期間ごとに徹底解説」 ~水温変動する初…
  2. 週刊つりニュース西部版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ボート・メバル(ルアー)」 近年、ソルトゲームターゲットの中でも人…
  3. 週刊へらニュース 2018年12月14日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「横利根川網外(佐原向地)」 寒さが増し各釣り場の釣果が下降気味に…
  4. 週刊つりニュース関西版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船・ボートでカワハギ絶好」 エサ取り名人と言われれば、どんな魚を思…
  5. 週刊つりニュース関東版 2018年12月14日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 上品な食味で人気のヤリイカ。相模湾をホームグラウンドにして…
  6. 週刊つりニュース西部版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 街中ではクリスマスソングが流れる季節、すぐに大晦…
  7. 週刊つりニュース関東版 2018年12月7日号表紙
    ■今週の特集 「タチウオ」 エサ、ルアーなどさまざまな方法で楽しめ、テクニカルな釣趣で…
  8. 週刊つりニュース関西版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海上釣り堀へいざ」 年末年始でマダイの需要が高まるこの時期、海上釣…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「投げカレイ!! 重量感あふれる冬の使者を狙え」 ~本格シーズン突入…
  10. 週刊へらニュース 2018年12月7日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大堀川(千葉)」 千葉県柏市を流れる大堀川が面白い。マブナや半ベ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る