釣具店さんぽ 千葉「つり具カトウ」 何でもそろう庶民派ショップ

kato_4

千葉県市川市にあるつり具カトウ。京葉道路の市川ICから至近(約300m)。JR総武線・本八幡駅からは徒歩約15分と電車でのアクセスもいい。

 加藤浩明社長の兄が竹竿の問屋を共同で経営したのが始まりで、昭和50年に釣具店をオープン。平成元年に現在の建物となった。
kato_3

一階フロア

 開業当時からヘラ用品を中心に、海から渓流までオルジャンルの釣り道具をそろえる総合釣具店として千葉エリアの釣り客を中心に親しまれている。
 1階はヘラ以外のオルジャンルを取り扱い(生エサも販売)。タックルボックスや水汲み用ヒモ付きバケツなど、ヘラ釣りでも活躍する便利グッズが手に入るので要チェック。
kato_7

左から澤池氏と加藤社長

 2階はヘラ用品の専門フロアで、定番アイテムから今の時期には必需品のガスヒーターやダウンなど防寒用品も充実。
kato_1

防寒用品も充実

 年末年始、ゴルデンウイク、夏季に大売出しを行っており毎回大好評。さらに、2月1日(日)からは決算セールを開催予定。
 「リーズナブルなものを中心に、欲しいものが何でも手に入る品ぞろえを大切にしている」と言う。「これからもお客様に楽しんで買い物してもらえるように頑張ります」と語ってくれた。

kato_map▼つり具カトウ
千葉県市川市南八幡2-22-4
【TEL】047(377)2957
【営業時間】10:00~20:00
【定休日】火曜(祝日の場合は営業)
【HP】www.fish-kato.co.jp

※週刊へらニュース2015年1月30日号抜粋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年1月31日号表紙
    ■今週の特集 「アジ高活性」 釣ってよし、食べてよしの味なやつ「アジ」に注目 ・L…
  2. 週刊へらニュース 2020年1月31日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明秋・川筋(埼玉)」 埼玉県鴻巣市と比企郡吉見町の境にある荒川の…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年1月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「オフシャロゲーム」 今回は週刊つりニュースAPC、現役の船長、そし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年1月31日号表紙
    今週号は「2月渓流解禁特集」 いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近づいてきました。…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年1月24日号表紙
    ■今週の特集 「陸っぱり盛況」 好期を迎えているメジナやクロダイ、ファミリーに最適なア…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は趣向を変えて、船エサ釣り、オフショア…
  7. 週刊へらニュース 2020年1月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「手賀川(千葉)」 千葉県柏市~我孫子市を流れる手賀川は東西に長く…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 泳がせで狙う高級根魚五目」 ~魅力は食味と青物並みの馬…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年1月17日号表紙
    ■今週の特集 「釣りフェスティバル」特集 1月17~19日にパシフィコ横浜で開催される…
  10. 週刊へらニュース 2020年1月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「長島新堀(千葉)」 野釣りではアタリオデコも珍しくない、過酷な季…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る