釣具店さんぽ 千葉「へら鮒釣具冨田」 オリジナル竹竿・竿掛けの玉の柄

tomita_04

東関道・四街道IC、佐倉ICから車で約20分。京成本線・臼井駅からも好アクセスなのがへら鮒釣具冨田。

 前年秋にオープンした和竿とヘラ用品の専門店。店の裏には印旛沼が広がり、近くを鹿島川が流れる。周囲にはアトヘラ・ポンドや富里乃堰、浜野HC、釣パラダイスなど人気管理釣り場も多い。
 取材時は工房を兼ねた店内で店主の冨田信一氏が手がける「恵一作」玉の柄を仕上げている最中だった。竿銘は久恵夫人と自分の名前から一文字ずつとったもので、自由に釣りをさせてくれる夫人への感謝を表しているという。
tomita_01

中古竹竿やヘラウキ一峰も販売

 30年前にヘラ釣り好きが高じて竿掛け・玉の柄作りを始めた冨田氏。仲間や和竿名人に教えを受け、竹竿も手がけるようになった。
 素材の竹は数日かけて遠方まで採集に行き、今年は1mで10節の矢竹の仕入れに成功。塗りには高価な国産漆を使うなど材料にこだわりつつ、尺単
tomita_03

自ら採取した竹

価はリーズナブルな設定にしている。尺数、握り、塗りなど注文可能で、自分だけの一本を持つことができ、和竿愛好家の常連にも大好評。もちろんコミ調整や火入れ等のメンテナンスもばっちりなので竹竿初心者にもお勧め。食品会社勤務の経験を生かしたオリジナルエサ「冨田ウドン」も好評。純度の高い素材と独自の粉配合で1カ月保存が可能。
 10月にはオープン1周年記念の釣り大会を開催し、ウキ作者の一峰氏と若春氏、竿師の白道氏も参加して大盛況だった。「商品を売る店より、釣りの楽しさを多くの人に伝える店を目指します」と語った。

tomita_map

▼ヘら鮒釣具富田
千葉県佐倉市新臼井田5-7
【TEL】043(377)3471
【営業時間】8:00~20:00
【定休日】火曜・水曜、第2土曜、第4日曜
【HP】www.iiherabakubaku.sakura.ne.jp/

※週刊へらニュス2014年11月28日号抜粋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯グレ盛況」 いよいよ水温も下がりだし、秋磯のグレは盛期を迎えた…
  2. 週刊へらニュース 2017年11月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕はかなり冷え込むように…
  3. 週刊つりニュース西部版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「落とし込み釣り」 ヒラマサやブリ、ヒラメ、大型根魚が躍動する落とし…
  4. 週刊つりニュース関東版 2017年11月24日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ」 12月1日茨城で待望の広域解禁!! 外房~茨城の最新釣況…
  5. 週刊つりニュース中部版 2017年11月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「狙うは10キロオーバー!! 青物ジギング激アツ」 ~フィールドは伊…
  6. 店内で開催された八百坂浩司氏の原画展01
    フィッシング遊鈴鹿店が取り組む「ヘドンストリートスズカ」の3周年を記念し、ヒロ内藤さんと釣魚画…
  7. 優勝のよろこび
    優勝の黒田さん 11月4日(土)、内房・勝山で「第7回鋸南町カワハギフェスティ…
  8. shirakobato_00
    11月5日(日)、埼玉県越谷市のしらこばと水上公園で「2017みんなで遊ぼうフィッシング祭りi…
  9. karei_taikai
    神戸市立須磨海づり公園では11月19日に「こども釣り大会」、25日まで「かれい釣り大会 1st…
  10. takatakiko
    12月3日(日)、千葉県市原市の高滝湖で「2017ワカサギ釣り大会」=養老川漁業協同組合、高滝…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る