釣具店さんぽ 「滝本釣具店」東京 掘り出し物に出会える店

外観

店内にはところ狭しと商品が並んでいる

店内にはところ狭しと商品が並んでいる

 東京都北区にある滝本釣具店は、JR・赤羽駅東口1番街の奥(駅から徒歩5分)、東京メトロ・赤羽岩淵駅からも至近。赤羽交差点近くで、隣にコインパーキングがあり車でのアクセスも便利。街中にあって、どこか親しみやすい雰囲気あふれる釣具店。
 店のすぐ近くには荒川が流れ、周囲にはつり堀・中の島センター、八光園、道満河岸へら鮒つり場、浮間公園、見次公園など人気釣り場が多数。そのためヘラ釣りはもちろん、コイ、テナガエビ、タナゴ、ハゼ狙いなどさまざまな釣り人で店はにぎわっている。
ヘラだけでなく小物釣用品なども充実

ヘラだけでなく小物釣用品なども充実


 竿師だった先代が50年以上前に創業。当初は自作の竹竿を中心に販売していたが、客の要望に応えるため徐々に小物などを充実させていき小売店の形になっていった。
 現在は2代目の小川好光氏が店を継ぎ昨年1月には、道路側に店舗を移して営業している。
 シマノ、がまかつ製品をはじめとするカーボン竿や竹竿、ハリや糸などの小物類、穂先、ウキのトップ、生エサも取り扱うなど店内にはヘラを中心にさまざまな用品が所狭しに並ぶ。
内観2 なかでも面白いのが、先代が豊富に仕入れていたという商品。今では手に入れることが困難な商品が多数あり、人気ウキの「碧舟」など貴重なデッドストックも。他にも旧モデルの商品などは驚くような特価で販売している。思わぬ掘り出し物が手に入るかもしれないのでぜひ一度店を訪れてみてほしい。
 親しみやすい街の釣具店らしく、いつも店主は笑顔で客の注文に応えてくれる。「毎日元気で、客同士でコミュニケーションがとれて楽しめる店であり続けることを大切にしている」とにこやかに語ってくれた。

▼滝本釣具店
東京都北区赤羽3-3-1
【TEL】03(3901)3014
【営業時間】9:30~20:00
【定休日】月・火曜定休

※週刊へらニュース2014年9月26日号抜粋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. owase
    尾鷲市観光釣協会主催の「第31回尾鷲磯釣大会」〈共催・尾鷲市〉が下記の要領で開催される。 …
  2. 放流7放流B
    11月7日(火)、東京湾遊漁船業協同組合(飯島正宏理事長)は、メバルの稚魚約1万3000尾を羽…
  3. ishigoro
    愛知県・静岡県の釣り人を中心に釣具と情報を提供している釣具のイシグロ(24店舗)では、12月1…
  4. sioyoshi
    東京湾の海釣りの歴史とともに進化し続ける海釣り用和竿「横浜竿」で知られる汐よしでは、12月9日…
  5. 横浜横須賀道路では第42回よこすかシーサイドマラソン開催及び道路工事のため、一部通行止めとなる…
  6. 第10回いすみ市大原港ふぐカットウ釣り大会
    12月3日(日)、外房大原で「第10回いすみ市大原港ふぐカットウ釣り大会」=夷隅東部漁協大原遊…
  7. FH5
    11月26日、神戸市立須磨・平磯海づり公園で魚釣り大会「フィッシングハード5」が開催される。 …
  8. じゃのひれフィッシングパーク
    兵庫・南あわじ市にある「じゃのひれフィッシングパーク」は、きたる12月1日から営業時間を変更す…
  9. ルック&ダクロンカップ
    11月4日(土)、ルック&ダクロンタカモト主催「ルック&ダクロンカップ」が、埼…
  10. saisyu
    東京都江戸川区にあるへら鮒専門店柴舟で、至連、世志彦の両さんが無料で火入れ・込み調整サービスを…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る