釣具店さんぽ 「ひろた釣具店」埼玉 常連に信頼させる地域密着店

外観1

店内にはヘラ用品がびっしりと並ぶ

店内にはヘラ用品がびっしりと並ぶ

 埼玉県朝霞市にあるひろた釣具店は川越街道(国道254号)沿いにある朝霞警察署から近く、埼玉方面や都心からのアクセスが良好な釣具店。
 店舗周辺にはビン沼、道満河岸へら鮒つり場、荒川など好釣り場が多い。また、近くを流れる黒目川や柳瀬川では、昔からタナゴやヤマベなどの小物釣りが盛んなエリアでもある。
  昭和22年、廣田久仁子店長の祖母がこの場所で釣具店を開業。その後を継ぐかたちで現在も店頭に立ち続けている。

取材時も常連客は楽しく釣り談義していた

取材時も常連客は楽しく釣り談義していた

 開業当時は釣り物全般を扱っていたが、十数年前からヘラの専門店としての品ぞろえを充実させた。また、場所柄から雑魚釣りを楽しむ常連客も多く、タナゴや小物釣り用品(小物仕掛け、水箱など)を取りそろえている。「毎日元気で、客に楽しんでもらえることがモットー」と話す廣田店長は、客のリクエストにもていねいに対応してくれる。店に在庫がなくても注文、メーカー取り寄せをしてくれるので常連からの信頼が厚い。取材時に来店した常連客とたちまち釣り話に花が咲く。

水箱などの小物釣り用品も取りそろえている

水箱などの小物釣り用品も取りそろえている

 「少しでも客の注文に多く応え、楽しく買い物をしてもらえるようにこれからも笑顔でがんばります」と語ってくれた。

▼ひろた釣具店
埼玉県朝霧市幸町2-18-24
【TEL】048(461)0405
【営業時間】平日10:00~20:00(日祝19:00まで)
【定休日】月曜・火曜

※週刊へらニュース2014年7月25日号抜粋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る