釣具店さんぽ 「フィッシュオン・カサハラ」埼玉 ヘラとアユの大型専門店

外観

笠原社長夫婦

笠原社長夫婦

 埼玉県川口市にあるフィッシュオン・カサハラは、ヘラとアユの大型専門店。駐車場が完備され、JR蕨駅からバスで約10分とアクセスも良好。竹竿と鋳物作りが盛んだった川口で、笠原隆司社長が竿師をしていた父と48年前にオープン。当初は社長も竿作りをしながら店を経営していたが、グラス竿の普及とともに現在の量販店型のスタイルへ移行した。
 いつも笑顔の俊子夫人も店に立ち、水槽のヤマベとタナゴとともに出迎えてくれる。店内はヘラ用品だけでなく、渓流・アユ用品が所狭しと並び、本紙をはじめ釣り専門誌や書籍も充実。ショーケースには竹竿、竿掛け、万力などがズラリ。なかでも、へらうき『ひろし』の総販売元である同店は、常に全モデルが展示販売されている。
へらうき「ひろし」は全モデル販売中

へらうき「ひろし」は全モデル販売中


 店内に併設している修理工房では、社長自らの技術を生かし竿・竿掛けの修理はもちろん、握りやデザインの変更など細やかなサービスを行っている。特にアユ竿の修理、メンテナンスは全国から注文がくるほどの人気。
所狭しとヘラ&アユ釣用品が並ぶ店内

所狭しとヘラ&アユ釣用品が並ぶ店内

 笠原社長は渓流から沖釣り、冬にはワカサギなど一年中楽しむほど大の釣り好き。以前は..人乗りのマイクロバスに常連客を乗せ関東中の釣り場を走りまわっていたとか。「釣り人口が年々減少している昨今、親子や家族連れで釣りを楽しむ人がこれからも増えて欲しい」と語った。

▼フィッシュオン・カサハラ
埼玉県川口市上青木6-6-2
【TEL】048(265)7818
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】月曜・火曜
【HP】www.fishon-kft.com

※週刊へらニュース2014年5月30日号抜粋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る