釣具店さんぽ 「伊田釣具店」埼玉 名人~若手による和竿が充実

伊田社長
ギャラリーのように広々とした店内

ギャラリーのように広々とした店内

 埼玉県川口市にある伊田釣具店は、まるでギャラリーのような気品漂う竹竿専門の釣具店。
 店のショーケースには名人から若手までの竿師による約300本の竹竿が色鮮やかな芸術作品のようにズラリと並ぶ。そのうえじっくりと竿を吟味できるよう、イスとテーブルがさりげなく用意されている。IMG_イス

 47年前、良質な布袋竹が豊富に自生していたという川口の地に、江戸和竿師だった先代が釣具店を開業。現在は二代目である伊田誠社長とその長男・竹秋氏が店を盛り上げている。

人気のハリスピッタリ

人気のハリスピッタリ

 

 

 

 また、次男の伊田寿光氏は祖父である先代の跡を継ぎ、竿師になることを決意。紀州竿師魚心観に師事した後に独立。「寿仙」の銘で竹竿師として活躍している。(「寿仙」矢竹尺¥7300.、高野竹尺¥8400.、年号入尺¥1万.。竿掛け・玉の柄1本半物セットもあり)

寿仙の作品

寿仙の作品

 店内には竹竿だけでなく万力や膳など、こだわりの品が多数並んでいる。さらには伊田釣具店オリジナル商品の「DX座椅子」や「釣り台」、定番と言える便利グッズ「ハリスピッタリ」など充実の品ぞろえになっている。 

IMG_寿仙GS

 竿師を招いての展示会や懇親釣り会、初心者ペア釣り大会を毎年開催するなど、熱心にヘラ釣りの楽しさを伝えている。伊田誠社長に店について尋ねると「いかにヘラ釣りを楽しめるかを重視しつつ、初心者や若い人にも釣りに触れてもらうきっかけを作れるようがんばりたい」と語った。

▼伊田釣具店
埼玉県川口市上青木5-12-26
【TEL】048(265)3325
【営業時間】10:00~21:00(日祭日19:00)
【定休日】水曜ほか例会がある時など
【HP】www.idaturigu.com

※週刊へらニュース2014年3月14日号抜粋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊つりニュース関東版 2021年1月22日号表紙
    ■今週の特集 「タコ&イカ熱視線」 いよいよヤリイカが本格的にシーズンイン。各地から釣…
  3. 週刊へらニュース 2021年1月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 相次ぐ寒波でどこの釣り場も苦戦が続く。オデコ…
  4. 週刊つりニュース西部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、注目度ナンバー1の寒グロを特集。水…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ロックフィッシュと遊ぼう」 ~冬のベイエリアの人気者たち(2~3面…
  6. 週刊へらニュース 2021年1月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「早霧湖(静岡)」 冬は底釣りが面白い。さらに長竿不要とくれば、初…
  7. 週刊つりニュース関東版 2021年1月15日号表紙
    ■今週の特集 「寒メジナ」 磯釣りの花形・メジナ 地磯や沖磯、堤防からの釣りを紹介 …
  8. 週刊つりニュース西部版 2021年1月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ」 今週のつり作戦は、シーズン真っ只中の磯の寒グロのスポット…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年1月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グレ攻略」 ~高水温で難易度高めでも冬は良型を狙える季節(2~3…
  10. 週刊つりニュース関東版 2021年1月8日号表紙
    ■今週の特集 「初釣りへ行こう」 1月1日号と8日号の40ページ立て合併号。年末年始の…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る