釣具店さんぽ「ナカヤ釣具」埼玉 敷居の低い店を目指して

 埼玉県春日部市にあるナカヤ釣具は東武スカイツリーライン武里駅西口から徒歩2分。大動脈である国道4号と16号から近いので、県内のどの釣り場へもアクセスしやすい。
 34年前、この地に釣具店を開業した主人の跡を継いだのが妻の中里弘子社長。店に入ると、いつも笑顔で出迎えてくれる。
 元は中古品のディスカウントショップをしていた先代が、春日部に移転する際に「どうせなら趣味を生かした商売をしよう」と一念発起したのが始まり。大の釣り好きで誰にでもやさしい人柄で常連客と地元の武里釣友会とともに歩んできたが、残念ながら平成9年に他界した。
 弘子さんは先代と一緒に店に立たなかったうえに、釣りはまったくの素人だった。そのため常連客に一からヘラ釣りを教わり、武里釣友会の例会に参加しながら学んだという。
 そして「今では、先代のように釣りを楽しみながら、客が(敷居を)またぎやすい店を目指しています」とニッコリ。常連客と会友に愛され支えられている。
 店を訪ねると、いつも常連が茶を飲みながら談笑している。取材時に、来店していた武里釣友会の幹事長を務める大塚さんに話を聞くと「(この店は)人にやさしいところが魅力。初めて訪れたお客さんにも親切なところが、先代の時からまったく変わっていないね」と笑顔で話す。
 店内は、ヘラ釣り具をメーンに、小物釣り用品が並ぶ。とくに中古品に力を入れており、各メーカーのカーボン竿、竹竿はもちろんヘラバッグや釣り台などの用品全般を委託買取・販売している

▼ナカヤ釣具
埼玉県春日部市大場1051-4
【TEL】048(736)2533
【営業時間】9:00~21:00(日祭日20:00)
【定休日】水曜・第3日曜日

※週刊へらニュース2014年2月28日号抜粋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  6. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  10. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る