釣具店さんぽ「ナカヤ釣具」埼玉 敷居の低い店を目指して

 埼玉県春日部市にあるナカヤ釣具は東武スカイツリーライン武里駅西口から徒歩2分。大動脈である国道4号と16号から近いので、県内のどの釣り場へもアクセスしやすい。
 34年前、この地に釣具店を開業した主人の跡を継いだのが妻の中里弘子社長。店に入ると、いつも笑顔で出迎えてくれる。
 元は中古品のディスカウントショップをしていた先代が、春日部に移転する際に「どうせなら趣味を生かした商売をしよう」と一念発起したのが始まり。大の釣り好きで誰にでもやさしい人柄で常連客と地元の武里釣友会とともに歩んできたが、残念ながら平成9年に他界した。
 弘子さんは先代と一緒に店に立たなかったうえに、釣りはまったくの素人だった。そのため常連客に一からヘラ釣りを教わり、武里釣友会の例会に参加しながら学んだという。
 そして「今では、先代のように釣りを楽しみながら、客が(敷居を)またぎやすい店を目指しています」とニッコリ。常連客と会友に愛され支えられている。
 店を訪ねると、いつも常連が茶を飲みながら談笑している。取材時に、来店していた武里釣友会の幹事長を務める大塚さんに話を聞くと「(この店は)人にやさしいところが魅力。初めて訪れたお客さんにも親切なところが、先代の時からまったく変わっていないね」と笑顔で話す。
 店内は、ヘラ釣り具をメーンに、小物釣り用品が並ぶ。とくに中古品に力を入れており、各メーカーのカーボン竿、竹竿はもちろんヘラバッグや釣り台などの用品全般を委託買取・販売している

▼ナカヤ釣具
埼玉県春日部市大場1051-4
【TEL】048(736)2533
【営業時間】9:00~21:00(日祭日20:00)
【定休日】水曜・第3日曜日

※週刊へらニュース2014年2月28日号抜粋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る