Dーマリーナ主催「横浜ルアーメバルトーナメント」参戦リポート

dmarina00

紅一点の矢作さんは16位と健闘
2月14日(土)、東京湾東神奈川のDマリーナ主催の「横浜ルアーメバルトーナメント」に初参戦した。 スタートは横浜。東京湾全域でボートからルアーやフライを使ってメバルを狙う。3尾の合計全長で競われ、年間5戦のトーナメントが行われる。

dmarina01

優勝した澤村さんの31センチ

ルアーでメバルを専門に狙うのはこの日が初めて。過去の本紙記事を読み返し、蘆原仁さんなど多数の経験者にアドバイスをもらった。 原木中山の林遊船・林克樹船長に操船をお願いし、釣友の下村直行さんと同船。

午後6時50分、28人の参加選手とその船長が集まった。ルール説明の後、7時に順次出船してスタートフィッシング。 船長はメバリングのガイドは初めてだが「シーバスの居場所とほとんど同じ」という情報を得て、京浜運河周辺のシーバスの実績が高い常夜灯のあるポイントで開始。

ジグはゼスタ・スターヘッドタッチダウン2グラム。ソフトルアー2.5インチをていねいに刺して水面にキャスト。 まずはカウントゼロでスローに引く。すると隣の釣友に早速ヒット。「壁際に沈めてゆっくり巻いたら一発でした!」と25センチ良型を手に満面の笑み。

言われたとおりに真似るとツツッと反応。慎重に寄せて21センチをキャッチした。「これは入れ食いか?」と思ったが、その後は同ルアー、同パターンでシーバスが入れ食いに。

普段はこの魚をメーンにしているが、メバル用に用意したタックルではラインブレイクがひん発。ジグヘッドの重さやワームを替えて、リーダーを2号にするとラインブレイクはなくなったが、それでもシーバスが連発する。

引きは楽しめるが、競技時間を考えるとシーバスをいかに避けるかが課題になる。 表層にいる活性の高いシーバスを避け、約10メートルの海底まで一気に落とし、ボトムパンピングで誘っても先に50センチのこの魚がヒットしてしまう。

次投では小気味いい引きに良型の本命を期待したが、顔を見せたのは27センチカサゴ。うれしいゲストだが、メバルとの釣り分けに苦労する。

3投目なんとか25センチをゲットしたが後が続かない。船長の機転で、その後は明かりのない壁際や、テトラ帯をランガン。 そこで二人とも良型をキャッチしたが10時15分終了時間に。後ろ髪を引かれる思いで会場に戻った。

10時30分から結果発表と表彰式。私は3尾の計67センチで15位だったが釣友は初参戦で73.5センチを上げ3位入賞した。

1位はマイボートで参加した澤村智之さん。31、27、24センチと大型を揃え、計82センチでブッチギリの優勝だった。 澤村さんはフラッシュJSW1インチと、1グラムのペラ付きジグヘッド(ウィールヘッド/プロト)の組み合わせで、ゆっくり落とし込んでワームを見せて食わすパターンで攻めたと言う。

特筆すべきはこの釣りの楽しさ、手軽さ、横浜エリアの魚影の濃さ。 参加者中25人が規定の3尾以上を上げ、私も本命6尾にカサゴ2尾、シーバス8尾。紅一点の矢作清香さんはメバル初挑戦で8尾をキャッチし堂々の16位。

dmarina02

和気あいあいとした楽しい大会だった

参加者全員和気あいあいとして本当に楽しいイベントだった。 今後の大会は3月14日、18日、4月11日と土曜の夜に開催予定。 「今後もたくさんの人に参加してもらいたい」とD-マリーナの齋藤代表。興味のある人はぜひ参加してほしい。

▼問い合わせ Dマリーナ

〈APC・奥野忠弘〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯グレの気配」 秋が深まるにつれうるさかったエサ取りも次第に少な…
  2. 週刊つりニュース中部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のウタセマダイ攻略」 ~エサの刺し方が最大のキーポイント!! 「…
  3. 週刊つりニュース西部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯クロ釣り」 さあ、秋磯のクロの季節がやってきた。今回の「今週の…
  4. 週刊へらニュース 2018年10月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「潮来前川(茨城)」 不安定な陽気が続くもののようやく暑さが落ち着…
  5. 週刊つりニュース関西版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タイラバ秋の陣」 シンプルでライトなアイテムで手軽に良型マダイを狙…
  6. 週刊つりニュース西部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「大分沖・船タチウオ」 現在、大分沖の船釣りで脚光を浴びているのがタ…
  7. 週刊つりニュース関東版 2018年10月19日号
    ■今週の特集 「落ちハゼ」 これからがシーズンになっていく落ちハゼの釣り。 身近な…
  8. 週刊へらニュース 2018年10月12日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「亀山湖(千葉)」 あまり知られていないが、実は秋も大型の好シーズ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「伊勢湾の沖釣りは旬魚満載!! 秋のウタセ五目」 ~釣れた魚は全て本…
  10. 週刊つりニュース関西版 2018年10月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「痛快! 磯のイシダイ釣り」 秋は磯の底物が荒食いする季節。アタリも…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る