「第7回グレダービーINつりエサ市場 ロングラン大会」結果

gure derby2

優勝賞品を受け取る生田さん(右)

優勝 生田浩司さん103.3センチ(2匹長寸) ラストチャンス大会優勝は森岡さん

三重県度会郡大紀町にあるつりエサ市場本店と尾鷲市にあるつりエサ市場尾鷲店で、平成26年11月1日から平成27年2月28日まで開催された「第7回グレダービーINつりエサ市場 ロングラン大会」。今回は200人近い参加者があり、盛大な大会となった。

競技方法は期間中に釣り上げた口太グレ、尾長グレの2匹長寸。今シーズンの釣果はあまり良くなく、50センチを超える大物の釣果も少なく厳しい状況となった。

そんななかでも51.3センチと52センチの、50センチオーバーを2日連続で釣り上げた生田浩司さんが見事優勝。準優勝の園田誠大さんと3位の森岡達也さんも釣行のたびに順位を上げていたが、一歩及ばない結果となった。

その後3月8日(日)に開催された「同ラストチャンス大会」には50人ほどの参加者が集まり、盛大な大会となった。こちらの競技方法は口太グレ、尾長グレのいずれか1匹長寸で競い合った。

当日は荒天の影響で渡れる磯も限られているなか、46.8センチで見事優勝を勝ち取ったのは、ロングラン大会3位の森岡さん。準優勝は45センチを釣り上げた前回大会のダブル優勝者の内田貴幸さん。他魚賞は47センチのクロダイを釣り上げた日高義行さんが獲得した。

その後、両大会の表彰式、お楽しみ抽選会、じゃんけん大会と会場は大盛り上がりで、グレダービーINつりエサ市場は幕を閉じた。

大会の結果詳細は次の通り(敬称略)。
◆ロングラン大会
(1)生田浩司103.3センチ(51.3、52.0センチ)
(2)園田誠大101.0センチ(51.5、49.5センチ)
(3)森岡達也99.0センチ(49.0、50.0センチ)
(4)酒井正徳98.5センチ(46.5、52.0センチ)
(5)早川茂樹97.7センチ(49.5、48.2センチ)

◆ラストチャンス大会
(1)森岡達也46.8センチ
(2)内田貴幸45.0センチ
(3)木原滋43.0センチ。

他魚賞=日高義行47.0センチ(クロダイ)

▼問い合わせ
つりエサ市場本店TEL0598(74)1091
尾鷲店TEL0597(23)1089

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年2月28日号表紙
    ■今週の特集 「渓流解禁特集」長野・湯川ほか おすすめ河川紹介 渓流解禁一覧表 …
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年2月28日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、渓流釣りファンお待ちかねの渓…
  3. 週刊へらニュース 2020年2月28日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「土浦新川(茨城)」 今年は暖冬なうえ2月13日以降は春本番のよう…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年2月28日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」!! 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からさら…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年2月21日号表紙
    ■今週の特集 「メバル春告」 ~メバル釣れたか 桜はまだか~ エサ、ルアーで楽しむ…
  6. 週刊へらニュース 2020年2月21日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「袋のため池(千葉)」 記録的暖冬での釣りの釣況は不安定だ。暖かい…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年2月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 今週のつり作戦は、まだまだ厳しい寒さが続く中、ますま…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年2月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「メバルプラッギングに挑戦」 ~ハイシーズンは表層攻略!! アクショ…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年2月14日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ凛然」 ~凛とした冬の空気に映える水しぶき~ 相模湾・長井…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年2月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「陸っぱりエギング・アオリイカ」 今週のつり作戦は、人気の陸っぱりエ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る