「第7回 MFG九州チヌ釣り選手権大会」結果リポート 佐世保 大型50センチオーバー続々

22men chinu1

54.5センチ2790グラムのチヌでトップの長堂秀則さん

MFG(マルキユー・ファン・グループ)九州の第7回 MFG九州チヌ釣り選手権大会が3月1日に長崎県佐世保市の北部一帯で開催された。

前日の天気予報では雨、風共に強いとの予報だったが当日は早めに上がり、風もさほどなくなり快適な釣り日和に。石井釣りセンター駐車場に集合した参加者はMFG九州の会員82人とオブザーバーの方20人の合計102人、釣り場自由選択制でチヌ25センチ以上の1尾重量を競った。

午後2時の検量時間から続々と本命のチヌが持ち込まれた。上位も入れ替わり立ち代わりの様相で、MFG九州の会員のレベルの高さを垣間見る大会となり、50センチクラスの大物も数釣れていた。上位3人は1尾2700グラムオーバーと素晴らしい大型で、本当に楽しく懇親が深まった大会になった。

今大会のチヌの部で上位27人の方は4月12日(日)に長崎県北九十九島で開催予定の最終決定戦(トーナメント方式)への出場権を得られ、この最終決定戦で優勝した選手が平成28年5月21日(土)・22日(日)の両日に広島県宮島で開催予定の「第3回マルキユーM-1カップ全国チヌ釣り選手権」へ出場でき、2位、3位に入賞された選手が今年5月10日(日)長崎県平戸市宮ノ浦で行われる「代表決定戦」へ出場できる。

上位成績
=チヌの部
(1)長堂秀則(長崎市)2790グラム54.5センチ
(2)宮原浩(唐津市)2730グラム53.9センチ
(3)大楽院博之(佐世保市)2700グラム51.1センチ
(4)山口博之(佐世保市)2415グラム53.1センチ
(5)金子信夫(長崎県佐々町)2315グラム52.3センチ
(6)田中浩典(福岡県香春町)2220グラム52.7センチ
(7)梅村誠(福岡市)2220グラム48.7センチ
(8)吉良祐樹(佐世保市)2090グラム47.7センチ
(9)加藤博之(大牟田市)2080グラム49.1センチ
(10)横田宏徳(北九州市)1965グラム50.3センチ
他魚の部
=(1)山根進(福岡市西区)マダイ2215グラム

  (マルキユー九州営業所報)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る