「横浜ルアーメバルトーナメント」第2戦 参戦リポート D-マリーナ主催

sainensyo furuyayutakun(chu2)ha doudouno junyusyo

上位入賞は合計79センチで堂々準優勝の中学2年生の古谷雄汰くん

2月28日(土)、東京湾東神奈川のD-マリーナ主催で「横浜ルアーメバルトーナメント」第2戦が開催。エリアは東京湾全域で、ボートからルアーまたはフライで上げたメバル3尾の全長を検量。順位に応じてポイントが入り、年間5戦中ポイントがいい4戦の合計で競う。

釣友の下村直行さんと釣行し、東京湾原木中山の林遊船の林克樹船長の操船で出船。午後7時前に29人の参加選手たちが参加し開会式。ルール説明の後、7時に出船してスタート。

気温は10度、風はそれほど強くなく、絶好のナイトゲーム日和。大会時間は長潮のソコリ前後なので、魚が口を使うかが気になる。

「居場所はシーバスとほぼ同じ」と前回実感していたので、その条件で目星を付けてランガンすることに。
まずは京浜運河のシーバスの実績が高い常夜灯で開始。ゼスタ・スターヘッドタッチダウン2グラムにガルプ・ベビーサーディン2.5インチをていねいに刺し、水面の奥にある暗い部分にキャスト。

カーブフォールさせる間にコン!と明確なアタリ。バス用の超ライトロッドを大きく曲げたのは50センチ級シーバス。次も同級が上がる。いつもならうれしいが、短い大会時間とタックルへのダメージを考えると遊んでいられない。

照明が当たっていない潮通しのよさそうなテトラへ。際にキャストし、竿を立ててゆっくり表層を探る。すると早速釣友にヒット。「ジグヘッド1.5グラムを際に沈めてゆっくり巻いたら一発でした」と25センチ級の良型を手に満面の笑み。私も同じように狙うとヒットするも26センチカサゴ。続く2尾目も同魚。

mebaring2kaimeno yahagisizukasanmo ryogata get

メバリング二回目の矢作清香さんも、良型ゲット

その後、大型狙いで沖のテトラへ向かうが、こちらでも良型カサゴに遊んでもらっただけ。港に戻りながらポイントを探す。
走っていると、ライトに照らされた岸壁を発見。試しに明暗部にルアーを通すとツツッとアタリがあり23センチをキャッチ。ようやく上げ潮が効きだしたらしく、一気に入れ食いスタート。

私はなかなかフッキングさせられず2~3投に1尾ペースだが、経験者の釣友はワンキャスト・ワンヒット。検量係の船長も大忙し。
ギリギリまで粘り、私は本命7尾にカサゴ4尾、シーバス2尾。釣友は本命を20尾近く上げ、大満足でマリーナへ。しかし、思ったより距離があり、向かい風も重なって数分の帰着遅れ。私達は検量対象外に。練習不足に悔いが残る結果となったが、船長の操船と釣友のアドバイスでナイトメバリングを楽しめた。

kako2kai yusyosyano sainensyo furuyayutakunno jituryokuha honmono!

上位入賞者

10時半から結果発表と表彰式。圧巻は最年少の古谷雄汰くん(中2)。過去2回の優勝経験を持つ雄汰くんは、全体的に厳しい状況の中で28、26、25センチを揃え、合計79センチで堂々の準優勝。「3グラムのジグヘッドにアクアのワームを付け、カウント20で、水深10メートル前後の底の魚を狙った」との立派なコメントに脱帽。

レディース賞は合計51センチで、丹羽エリコさん。
3位は68.5センチでD-マリーナから参戦した三浦淳さん。1位は32.5センチのキッカーフィッシュをキャッチし、合計83.5センチとなった主催者の齋藤剛宏船長。

第4戦、第5戦は3月28日(土)、4月11日(土)に開催予定。齋藤船長は「今後はもっとオープンに、たくさんの人に参加してもらいたい」とのことなので、興味のある人はぜひ。

<APC・奥野忠弘>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース中部版 2020年6月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アナゴを釣ってみよう」 ~早起きなしの納涼フィッシング(2~3面)…
  2. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  3. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  4. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  5. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  6. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  7. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  8. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  10. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る