「第3回ロックフィッシュナイトゲーム大会」結果リポート 大黒海づり施設

daikoku_00

エサ部門で優勝した西村さんの26.5センチメバル

3月14日(土)、神奈川県横浜市にある大黒海づり施設で第3回ロックフィッシュナイトゲーム大会が開催された。

エントリーしたのは63人。通常営業が終わった午後6時からエサとルアーの二部門合同で、静かな戦いがスタート。

海上はナギ。ベイブリッジ、みなとみらい地区の観覧車、観光船などイルミネーション輝くロマンチックな夜景には一切目を向けず、竿を握った手と穂先に神経を集中させる参加者たち。

当日は小潮で、5時14分干潮の上げ潮狙いだが、翌日が長潮なので流れは弱く、ほとんど動いていない。

6時15分、ファーストヒットは沖側手前のルアーマン。カサゴがヒットしたがこれは15センチ弱のリリースサイズ。

続けて計測場に持ち込まれたのは、ルアーの高橋さんで20センチカサゴ。手前のテトラ際を8.5メートルの長竿で狙っていた阿部さんには20センチソイ。

6時半、エサ釣りの西村さんが26.5センチの大型メバルを持ち込んだ。続けてルアーマンが20センチオーバーのカサゴを次々と持ち込み、横に設置された水槽に〝釣果〟が泳ぐ。

このころから東の風が吹き出す。沖側はキャストしづらくなり、5グラムのジグヘッドを使う人が多くなる。風の影響をあまり受けない内側は、3グラムでチョイ投げして広範囲を探っている。そんな中、沖側中央でサバの身エサの人に50センチ級のドチザメが掛かった。

7時すぎ、ルアーの飯田さんが24.9センチのカサゴを外側手前で上げ、続けてイワシエサで衣笠さんが26センチのカサゴ。

徐々に潮が効き出したようで、続々と良型が出るが10センチ級のリリースサイズも多い。

daikoku_02

良型カサゴやメバルが数上がった

7時半、フカセのヘチ釣りの人たちに良型メバル、仕掛けの上に発光体を付けたルアーマンが21センチのカサゴをキャッチ。内側手前から10メートル付近でていねいに誘っていたルアーの西田さんには22センチのメバルがくる。

8時をすぎると潮がよくなり3人同時に計測場へ向かう場面も。紅一点の土屋さんは胴突き2本バリ仕掛けに青イソメを使い、19.4センチのカサゴを外側手前でヒット。

8時半のストップフィッシングまで順調に釣れ、20センチ前後が次々と計測された。終了後、施設内で表彰式と、全員に当たる恒例の抽選会が行われ、9時に散会した。

大会結果は下記参照。ルアー部門の3位は2人いたが、大会規定のジャンケンで決定した。

daikoku_01

エサ部門2位の衣笠さん

釣果はカサゴ21尾、メバル11尾、ソイ1尾(リリース魚は除く)。魚影は濃く、テトラに近い手前側で釣果がでていた。水温が上昇すればさらに期待できそうだ。

当日の様子はユーチューブで「本牧OZ「夕なび」大黒海づり施設第3回ロックフィッシュナイトゲーム」と検索すれば見られる。

エサ部門
順位 氏名(敬称略) 魚種 サイズ(cm)
優勝 西村仁 メバル 26.5
2位 衣笠俊之 カサゴ 26.0
3位 小林敬 カサゴ 23.0
ルアー部門
優勝 飯田光春 カサゴ 24.9
2位 佐藤健一 カサゴ 22.6
3位 西田忠司 メバル 22.0
レディース賞 土屋穂波 カサゴ 19.4

■交通…横浜駅西口~109系統バス、またはJR鶴見駅前~17系統バスで、いずれも「大黒海づり公園」下車。車は首都高速湾岸線大黒ふ頭IC利用、またはR15大黒町入口~。
▼問い合わせ
大黒海づり施設TEL045(506)3539
〈APC・野田 栄〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る