釣具店さんぽ 茨城「こやの釣具店」カーボン竿掛け「春駒作」人気

koyano00

茨城県下妻市の中心部を通る国道125号線沿いにあるのがこやの釣具店。裏手には砂沼、周囲には筑波湖、筑波流源湖など人気管理池が多く釣り場からのアクセスが良好。昭和34年ごろ、社長を務める小谷野行慶氏の父(先代)が趣味のヘラ釣りが高じてヘラ用品koyano01専門の釣具店をオープン。そのかたわら、自身の手がける竹竿掛け・玉の柄「春駒作」を販売していた。

現在は先代の銘を受け継ぎ、数年前から新たにカーボン素材を使用。近くで見ても竹と間違えるほどの精巧な仕上がりをしている。

koyano02もちろんカーボン製なので竹のように火入れなどのメンテナンスは不要。一つ一つすべてがハンドメイドなので、自分好みのデザインや長さにオーダー注文可能。カーボンでありながら竹のように世界に一つしかない自分だけの竿掛け・玉の柄を持つことができる。大人気のため、現在は完成まで数カ月待ちの状態が続いている(注文は随時受け付け中)。

社長は竿掛け・玉の柄のほかにも玉枠、網付け、ヘラバッグ製作等の経験が豊富。あらゆるヘラ用品の修理技術を持っているので購入した商品のアフターサービスは万全。

koyano03人気ウキ「杉山作」「忠相」の各種モデルを取り扱っており、こやの釣具店・限定モデルを販売している。ちなみに両作者との付き合いは長く、杉山氏は学生時代に店の常連客だったという。

作ったものを喜んでもらえるのが嬉しいという社長は、「大型店やメーカーにできないような細かいアフターケアができる店作りを大切にしていきたい」と語った。
なお、同店HP内の店長ブログでは「春駒作」新製品や最新情報がチェックできる。

koyanomapこやの釣具店
茨城県下妻市長塚60-19
【TEL】0296(44)1619
【営業時間】8:15~19:30
【定休日】月曜(祝日の場合は営業)

※週刊へらニュース2015年3月27日号から抜粋

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年1月24日号表紙
    ■今週の特集 「陸っぱり盛況」 好期を迎えているメジナやクロダイ、ファミリーに最適なア…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は趣向を変えて、船エサ釣り、オフショア…
  3. 週刊へらニュース 2020年1月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「手賀川(千葉)」 千葉県柏市~我孫子市を流れる手賀川は東西に長く…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 泳がせで狙う高級根魚五目」 ~魅力は食味と青物並みの馬…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年1月17日号表紙
    ■今週の特集 「釣りフェスティバル」特集 1月17~19日にパシフィコ横浜で開催される…
  6. 週刊へらニュース 2020年1月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「長島新堀(千葉)」 野釣りではアタリオデコも珍しくない、過酷な季…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年1月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、いよいよ本格的なシーズンに突入した…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年1月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「波止釣り!! 名古屋港クロダイ攻略戦」 ~ハワセ釣りで冬の難敵に挑…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年1月10日号表紙
    ■今週の特集 「初釣り」特集 東京湾初タチ会心 令和2年祝いダイ乱れ咲き 清流…
  10. 週刊へらニュース 2020年1月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「門池(静岡)」 長年の放流継続が実を結び、真冬でもウキが動く釣り…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る