「G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権」予選 関西エリア日程

がまかつ主催の「G杯争奪全日本ヘラブナ釣り選手権」の予選が各地で開催される。
関西周辺の日程は次の通り。
【甲南へらの池】

  • 日時 6月13日(土)予備日は6月20日(土)
  • 集合場所 滋賀県甲賀市甲南町柑子1451
  • 参加費 3500円
  • 定員 150人
  • 締切 5月11日(月)

【募集要項】

  • 申込方法 申込書に必要事項を記入の上、がまかつフィッシングロッド販売契約店に申し込む。がまかつに直接申し込むことはできない。定員以上の申し込みがあった場合は抽選。抽選結果は全員に通知。当選した人には受付票、大会要項、集合場所地図、参加費振込用紙を送付するので、大会当日は必ず受付票を持参すること。申し込みは締切日当日の午後5時がまかつ必着分までとする。参加費は参加記念品代、池入場料、短期傷害保険代を含む。振込用紙到着後、期限内にゆうちょ銀行で振り込むこと。期限内に振り込みがない場合はキャンセル扱いとなる。各開催日の5日前を過ぎてからのキャンセル、不参加の場合は参加費は返金できない
  • 競技方法 試合は1回戦3時間、その後釣り座をかえて2回戦3時間
  • 審査方法 1回戦、2回戦で釣り上げたヘラブナの総重量で審査、順位を決定する。1フラシのカット重量は各池の規定に準じる。同重量の場合は1回戦の重量が多い方を上位とする。1回戦も同重量の場合は、ジャンケンで勝敗を決定
  • 検査対象魚 ヘラブナ
  • 競技規定 サオおよびハリはがまかつ製品に限る。サオの長さは8尺以上、使用できるサオは1本とする。ハリはがまかつのスレバリを使用すること。ハリの大きさは自由。タナは第1オモリよりウキ止めゴムまで1メートル以上とする。カッツケ釣りは禁止する。スレ掛かりはカウントしない。ハリは2本バリを使用すること。ウキは自由だが、仕込みウキのみ禁止する。オカメ、一発、生エサは禁止する

▼問い合わせ
がまかつTEL0795(22)7392

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  2. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船タチウオ」 大分沖の船釣りを賑わしているのがタチウオ! 晩秋を迎…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カワハギと勝負」 ~沖釣り至高のターゲットに挑戦!! 冬にかけて絶…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年11月20日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー激アツ」 脚光を集めるスーパーライトジギング「SLJ」地域によっ…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 秋の深まりとともに活性化してきている磯のクロ。続々と…
  7. 週刊へらニュース 2020年11月20日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大落古利根川(埼玉)」 各地で初雪や初霜が観測され、冬の訪れを感…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の使者ワカサギ」 ~簡単でも数釣りにはコツが必要!! 3ケタ超え…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月13日号表紙
    ■今週の特集 「エリアフィッシング」 ルアーの種類やカラーを始めとした多くの攻略テクニ…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年11月13日号表紙
    ■今週のつり作戦 「オフショアゲーム」 今週のつり作戦は、大海原で展開される大物たちと…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る