まるきん糸島店「よくわかる春チヌ攻略・大知流遠投釣法」セミナー・実釣会 盛況

よくわかる春チヌ攻略・大知流遠投釣法

野北漁港で行われた実釣会の参加の皆さん

3月21日、まるきん糸島店(福岡県糸島市二丈上深江973-1)でキザクラフィールドテスター・大知marukin_01昭さんの「よくわかる春チヌ攻略・大知流遠投釣法」セミナー・実釣会が行われた。

marukin_03大知さんは広島を拠点に全国で活動するチヌ釣り名手で、大知流遠投釣法のパイオニア。福岡や佐賀、長崎など近県から多くのチヌ釣りファンが参加した。会場の糸島店は昨年できたばかりの新店舗。広い店内marukin_02を活用して入口正面にセミナー会場を設置。イスなどのセットが終了した午前10時前には少しずつ参加者が来店しており、ファミリー参加も見られ、楽しみにしていたことは感じ取れた。marukin_04

セミナーを開始すると立ち見の人もどんどん増えていく。
チヌ釣りの基礎からシーズンを迎える乗っ込みに合わせて釣り方をメーンにタックルやウキ、エサを題材に実演する。

サオはチヌに合わせたサオの特性や自身がこだわってメーカーと開発したところ、リールの特長、まきエサの配合や使う場合の目安など実物を手にして実体験から出るmarukin_06言葉に、参加者はうなずくばかり。

途中、お客さんを呼んでハリスの黒魂ハリスを使っての強度の実験、少年を呼んでまきエヒシャクを使ってまきエ投入時の腕の使いmarukin_05方を説明して、ただ説明するだけでなく、お客さんと触れ合いながら終始和やかな雰囲気だった。

セミナー終了後に小休止、昼からの実釣会。まきエは大知さんが参加者と一緒に選んでいた。

実釣会は店から自marukin_07動車移動で約30分の野北漁港の大波止。
タックルのセットが終了すると仕掛けの遠投を実演。60メートル前後仕掛けを飛ばし、歓声が上がる。

まきエの配合を実演。オキアミを刻んだ後に配合エサの特性や入れる順番を説明しつつ質問を受け付け、仕上げの段階では素手で混ぜ込み、遠投に必要なまきエの状態を見せた。

次にまきエを遠投。セミナーで投げ方を習った少年も参加。まきエを使って遠投を体験した。

それから実釣参加者も釣り開始。波止先端近くに釣り座を取った大知さんの周りにはギャラリーが囲む。まきエを投入する場所や、なぜこの場所を選んだのか、仕掛けの操作方法など一動作ごとに説明。釣る様子を見ながらの講習は貴重な体験、参加者も満足していた様子だ。

この模様はまるきんホームページにて動画配信予定。

▼問い合わせ
まるきん糸島店TEL092(325)8088

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年6月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「波止マダコ乗りのり」 夏の波止を代表する釣り物といえば、マダコであ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2018年6月29日号表紙
    ■今週の特集 「マダコ」 独特な釣趣と食味が人気。東京湾~相模湾の実釣記。料理ではダシ…
  3. 週刊つりニュース西部版 2018年6月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「オフシャロゲーム」 オフショアのシャローエリアを軽量なジグやタイラ…
  4. 週刊へらニュース 2018年6月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「中綱湖(長野)」 関東地方が梅雨入りした。ジメジメしたイヤな季節…
  5. 週刊つりニュース中部版 2018年6月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「いざ挑戦!! スーパーライトジギング(SLJ)」 ~メーンのターゲ…
  6. 週刊へらニュース 2018年6月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「横利根川・網中(佐原向地)」 佐原向地の横利根川・網中が舟・陸釣…
  7. 週刊つりニュース関西版 2018年6月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船マダコ快感」 明石ブランドのマダコといえば、全国にその名を轟かせ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2018年6月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夜焚きイカ釣り」 夏の夜の船釣りといえば、やっぱり夜焚きイカ釣り。…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年6月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨明けまでがベストシーズン!! アナゴ楽釣」 ~今が旬の身近なタ…
  10. 週刊つりニュース関東版 2018年6月22日号表紙
    ■今週の特集 ルアーマゴチ 茨城・東京湾でヒートアップ! (2~5面) 【鹿島・豊…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る