「第1回タックル・イン・ジャパン カップ鮎釣り選手権」開催 7月19日

「第1回タックル・イン・ジャパン カップ鮎釣り選手権」=主催・(有)ヤマワ産業=が、下記の要領で開催される。皆さんもチャレンジしてみてはいかが。

  • とき 7月19日(日)※予備日8月2日(日)
  • ところ 長良川・郡上大和地区
  • 大会本部 ウインドパーク(岐阜県郡上市大和町)
  • 参加資格 年齢、性別不問。だれでも参加できる。20歳未満の人は保護者の承諾が必要
  • 定員 300人
  • 参加費 3000円(大会当日に徴収)。入漁料は別途
  • 日程 受付・午前5時30分~6時/1回戦・7時~10時/決勝戦・11時~午後1時
  • 競技規定 トモ釣りに限る。タックルはどのメーカーのものでも可。競技ザオの使用は1本とする(予備ザオの競技会場への持ち込みは認める)。船釣り、リールの使用は禁止。開催する川の遊漁規定に従い、掛けバリの数は4本3段以内とする。オトリは2匹まで。主催者支給の養殖アユに限る。追加は認めない。代理出場は失格とする。場所取りや選手への指示などセコンド行為は失格となる
  • 表彰 1~3位に表彰状、賞品
  • 申込方法 ヤマワ産業ホームページから大会申込書PDFをダウンロード、もしくは電話で申し込むと同社から参加申込書を発送。参加申込書に必要事項を記入のうえ左記の申込先までFAXまたは郵送
  • 申込期間 4月20日から(定員になり次第締め切り)
  • 送り先 〒507‐0813岐阜県多治見市滝呂町6‐1162 ㈲ヤマワ産業内 タックルインジャパンカップ大会事務局。FAX0572(24)2682。

▼問い合わせ
(有)ヤマワ産業=電話0572(22)0633

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年10月30日号表紙
    ■今週の特集 「ハゼ」 東京湾・門前仲町 深川冨士見 江戸川放水路 ボートハゼ案内…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年10月30日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アジング」 今週のつり作戦は、波止や岸壁から手軽に楽しめるアジング…
  3. 週刊へらニュース 2020年10月30日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「小糸川(千葉)」 上流には有名な三島湖がある千葉県君津市を流れる…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年10月30日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カカリ釣りクロダイ好機!! 秋のイカダ&カセへ繰り出そう」 ~本命…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年10月23日号表紙
    ■今週の特集 「秋のコマセ釣り」 コマセ釣りの種類と特徴を知ろう ◎内房 勝山…
  6. 週刊へらニュース 2020年10月23日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「松原湖(長野)」 長野県南佐久郡小海町にある海抜1123メートル…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年10月23日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋ジギング」 今週のつり作戦は、大物たちとのスリリングなやり取りが…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年10月23日号表紙
    ■今週のつり作戦 「グレ攻略指南!! 魅惑の秋磯へ」 ~数釣りも型狙いも有望な季節!!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2020年10月16日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ちょいカゴ釣り」 今回の「つり作戦」は長崎・鷹島・船唐津漁港での「…
  10. 週刊つりニュース関東版 2020年10月16日号表紙
    ■今週の特集 「ワカサギ楽し」 相模湖おススメ舟宿案内 ワカサギおすすめ釣り場紹介…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る