釣具店さんぽ 東京 ゑびす屋釣具店 親しみある下町の人情店

ゑびす屋釣具店 外観

JR亀戸駅から徒歩3分、目の前にはコインパーキングもある

東京都江東区にあるゑびす屋釣具店は、JR総武線・亀戸駅から徒歩3分の好立地。創業から100年以上も続く下町の人気釣具店。 元々は

いつも笑顔の店主・高橋悦子さん

いつも笑顔の店主・高橋悦子さん

西荒川で創業し、関東大震災や終戦を経て亀戸に移転。現在の店舗になり今年で27年目、現在は3代目の高橋悦子さんが店に立つ。「18歳のころから店に立ち、釣りはすべて常連のお客さんから教わりました」と笑顔で話す。

ウキがズラリ並ぶ

ウキがズラリ並ぶ

地元・下町ながらの五目釣りの会に入って釣りを楽しむようになり、それからヘラ釣りの魅力にのめり込んでいった。現在も「野釣りを中心に、月に2回は釣りを楽しんでいる」と言う。

そんな店主は常連から「悦ちゃん」の愛称で親しまれ、店内では常連客たちに交じって、いつも釣り談義に花が咲いている。

ヘラ竿も品ぞろえ充実

ヘラ竿も品ぞろえ充実

を利用する人は三島、三名などの準山湖から精進、西湖など山上湖、管理池まで関東広域の釣り場へ向かう人が多い。そのため各地の釣況情報が店に集まってくるので、釣り人たちの情報交換の場所にもなっている。そんな古きよき下町らしさあふれる釣具店の雰囲気を感じることができる。

そんな店内には、ヘラ釣り専門店らしくヘラ用品が所狭しと並ぶ。小物はもちろん、人気ヘラウキの忠相や雪月花をはじめ種類豊富。さらにダイワ、シマノヘラ竿はその取り扱い種類も尺数も充実のラインアップ。さらにヘラバッグやテントなどは量販店にも負けない品ぞろえ。下町の庶民的な小売店ながらヘラ用品なら何でもそろうのが魅力。

マップ「自分の趣味に偏らず、幅広い品ぞろえができるように心掛けています」と笑顔で語った。

▼ゑびす屋釣具店
【TEL】03(3681)6973
【営業時間】16:00~22:00
【定休日】日曜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年3月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「根魚と遊ぼう」 これから春までは一年で最も水温の下がる季節。気温は…
  2. 週刊つりニュース西部版 2018年3月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のチヌ釣り」 今週のつり作戦は、早春のチヌのフカセ釣りをお届け…
  3. 週刊つりニュース関東版 2018年3月2日号表紙
    ■今週の特集 「シーバス痛快」 東京湾の好ターゲット・シーバスに注目。2、3、4面で横…
  4. 週刊へらニュース 2018年3月2日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「間瀬湖(埼玉)」今冬の冷え込みは例年以上。釣り場はどこも結氷し、氷割…
  5. 週刊つりニュース中部版 2018年3月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「波止メバル」 ~春告魚のシーズン間近!! 身近な釣り場で楽しもう(…
  6. boatshow
    3月8日(木)~11日(日)の四日間、神奈川県横浜市にあるパシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリー…
  7. turihajimete
    3月24日(土)、日本釣用品工業会主催の「釣りはじめて親子」のための釣り教室が開成水辺フォレス…
  8. 須磨海づり公園「恵風マダイ釣り大会」開催中 2月28日まで
    神戸市立須磨海づり公園では2月28日まで「恵風マダイ釣り大会」を開催中。 詳細は次の通り。…
  9. 全国各地で「2018シマノジャパンカップ投(キス)釣り選手権大会」の予選が行われる。 詳細…
  10. 全国各地で「2018シマノジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権大会」の予選が行われる。 詳細…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る