釣具店さんぽ 東京 ゑびす屋釣具店 親しみある下町の人情店

ゑびす屋釣具店 外観

JR亀戸駅から徒歩3分、目の前にはコインパーキングもある

東京都江東区にあるゑびす屋釣具店は、JR総武線・亀戸駅から徒歩3分の好立地。創業から100年以上も続く下町の人気釣具店。 元々は

いつも笑顔の店主・高橋悦子さん

いつも笑顔の店主・高橋悦子さん

西荒川で創業し、関東大震災や終戦を経て亀戸に移転。現在の店舗になり今年で27年目、現在は3代目の高橋悦子さんが店に立つ。「18歳のころから店に立ち、釣りはすべて常連のお客さんから教わりました」と笑顔で話す。

ウキがズラリ並ぶ

ウキがズラリ並ぶ

地元・下町ながらの五目釣りの会に入って釣りを楽しむようになり、それからヘラ釣りの魅力にのめり込んでいった。現在も「野釣りを中心に、月に2回は釣りを楽しんでいる」と言う。

そんな店主は常連から「悦ちゃん」の愛称で親しまれ、店内では常連客たちに交じって、いつも釣り談義に花が咲いている。

ヘラ竿も品ぞろえ充実

ヘラ竿も品ぞろえ充実

を利用する人は三島、三名などの準山湖から精進、西湖など山上湖、管理池まで関東広域の釣り場へ向かう人が多い。そのため各地の釣況情報が店に集まってくるので、釣り人たちの情報交換の場所にもなっている。そんな古きよき下町らしさあふれる釣具店の雰囲気を感じることができる。

そんな店内には、ヘラ釣り専門店らしくヘラ用品が所狭しと並ぶ。小物はもちろん、人気ヘラウキの忠相や雪月花をはじめ種類豊富。さらにダイワ、シマノヘラ竿はその取り扱い種類も尺数も充実のラインアップ。さらにヘラバッグやテントなどは量販店にも負けない品ぞろえ。下町の庶民的な小売店ながらヘラ用品なら何でもそろうのが魅力。

マップ「自分の趣味に偏らず、幅広い品ぞろえができるように心掛けています」と笑顔で語った。

▼ゑびす屋釣具店
【TEL】03(3681)6973
【営業時間】16:00~22:00
【定休日】日曜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. owase
    尾鷲市観光釣協会主催の「第31回尾鷲磯釣大会」〈共催・尾鷲市〉が下記の要領で開催される。 …
  2. 放流7放流B
    11月7日(火)、東京湾遊漁船業協同組合(飯島正宏理事長)は、メバルの稚魚約1万3000尾を羽…
  3. ishigoro
    愛知県・静岡県の釣り人を中心に釣具と情報を提供している釣具のイシグロ(24店舗)では、12月1…
  4. sioyoshi
    東京湾の海釣りの歴史とともに進化し続ける海釣り用和竿「横浜竿」で知られる汐よしでは、12月9日…
  5. 横浜横須賀道路では第42回よこすかシーサイドマラソン開催及び道路工事のため、一部通行止めとなる…
  6. 第10回いすみ市大原港ふぐカットウ釣り大会
    12月3日(日)、外房大原で「第10回いすみ市大原港ふぐカットウ釣り大会」=夷隅東部漁協大原遊…
  7. FH5
    11月26日、神戸市立須磨・平磯海づり公園で魚釣り大会「フィッシングハード5」が開催される。 …
  8. じゃのひれフィッシングパーク
    兵庫・南あわじ市にある「じゃのひれフィッシングパーク」は、きたる12月1日から営業時間を変更す…
  9. ルック&ダクロンカップ
    11月4日(土)、ルック&ダクロンタカモト主催「ルック&ダクロンカップ」が、埼…
  10. saisyu
    東京都江戸川区にあるへら鮒専門店柴舟で、至連、世志彦の両さんが無料で火入れ・込み調整サービスを…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る