ヤマシタ「キラッと針 18-1T・18-2」新発売 18センチサイズラインアップ

ヤマシタ「キラッと針 18-1T・18-2」新発売 18センチサイズラインアップ

ヤマリアのブランドヤマシタからカラフルな輝きでイカと釣り人を魅了する「キラッと針」にボリュームアップした18センチサイズが登場。

ベースとなるボディーはカット面も大きくなり、輝きがさらにアップ!! 多面プリズム構造によりイカ角を踊らせた際に、複雑な光を放ち、イカを魅了。

仕様は東京湾・相模湾・外房等でスタンダードな1段針と駿河湾・東北等で人気の2段針のラインナップ。直結環はφ1ミリでフロロカーボン20号まで対応。松葉針0.8針は刺さりの良さと不意の大型イカにも対応する。

18-1Tは5本立、18-2は4本立

カラーはスルメイカにオールラウンドに対応できる5色展開。
集魚高価抜群のレッドアイで、深場のイカにアピール。

【カラーバリエーション】
BB(濃ブルー/薄ブルー)
海中で最も光の透過率の高いブルー。深場でもしっかりとシルエットをアピールし、高活性のイカには効果大。澄み潮向き。

KK(ケイムラ/ケイムラ)
わずかな紫外線に反応し、光の殆ど届かない海中でも存在感をアピール。オールラウンドに使用できる1色。

PK(ピンク/ケイムラ)
海中で透過率の低いピンク。海中ではエサの小魚のようなカラーとなり、大きなエサを追いかける高活性のイカに効果的。濁り潮向き。

SK(スカイ/ケイムラ)
海水に溶け込みやすいカラーで、存在感をぼやかしてシルエットを小さく見せる。積極的に大きなエサを追わない低活性なイカに効果的。澄み潮向き。

YK(イエロー/ケイムラ)
海中でケイムラベースのカラーと相まって蛍光色になり、存在感をハイアピール。イカの興味を引かせるためにも配色に1本は入れておきたいカラー。濁り潮向き。

メーカー希望本体価格
18-1(5本立 1段針)オープン
18-2(4本立 2段針)オープン

※2015年5月下旬発売予定

上記商品を使った仕掛けも発売予定。

【ブランコ仕様】YAMASHITAが推奨するこだわりの配色で、スタンダードな5本・7本付をラインナップ
【直結仕様】電動直結釣法対応のこだわりの配列。手返し重視の6本と広範囲を探れる8本仕様

商品名・メーカー希望本体価格
イカ釣プロサビキ KR 18-1 5本 オープン
イカ釣プロサビキ KR 18-1 7本 オープン
イカ釣プロサビキ KRT 18-1 6本 オープン
イカ釣プロサビキ KRT 18-1 8本 オープン

※2015年5月中旬発売予定

ヤマリア 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年1月31日号表紙
    ■今週の特集 「アジ高活性」 釣ってよし、食べてよしの味なやつ「アジ」に注目 ・L…
  2. 週刊へらニュース 2020年1月31日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明秋・川筋(埼玉)」 埼玉県鴻巣市と比企郡吉見町の境にある荒川の…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年1月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「オフシャロゲーム」 今回は週刊つりニュースAPC、現役の船長、そし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年1月31日号表紙
    今週号は「2月渓流解禁特集」 いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近づいてきました。…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年1月24日号表紙
    ■今週の特集 「陸っぱり盛況」 好期を迎えているメジナやクロダイ、ファミリーに最適なア…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は趣向を変えて、船エサ釣り、オフショア…
  7. 週刊へらニュース 2020年1月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「手賀川(千葉)」 千葉県柏市~我孫子市を流れる手賀川は東西に長く…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 泳がせで狙う高級根魚五目」 ~魅力は食味と青物並みの馬…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年1月17日号表紙
    ■今週の特集 「釣りフェスティバル」特集 1月17~19日にパシフィコ横浜で開催される…
  10. 週刊へらニュース 2020年1月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「長島新堀(千葉)」 野釣りではアタリオデコも珍しくない、過酷な季…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る