釣具店さんぽ 掘り出し物に出会えるショップ「フィッシュオン幸手店」埼玉

店舗外観

圏央道・幸手ICからアクセス良好

埼玉県幸手市にあるフィッシュオン幸手店は、圏央道・幸手IC開通でますますアクセスが向上。東武日光線・幸手駅から電車でアクセスも可能。周囲にはフィッシングエリア吉羽園、神扇池、高須賀池、権現堂などの人気釣り場が多い。

新品だけでなく中古ヘラ竿も取り扱っている

新品だけでなく中古ヘラ竿も取り扱っている

昭和50年に現社長の父である先代が淡水専門の釣具店をオープン。現在もヘラとルアーを専門に常連に親しまれている。

ヘラ用品は小物の品ぞろえがとにかく充実。ヘラウキはリーズナブルなものを中心に豊富にラインアップ。なかでも人気ヘラウキ

sanpo_04

人気特価のヘラバック

「雪月花」は、フィッシュオンだけの特注モデルを販売している。竿は新品だけでなく中古品も取り扱っていて、未使用の中古竿など思わぬ掘り出し物が手に入る。さらに人気なのが特価のヘラバッグ。シマノなどのカタログ落ちした旧モデルを、定価の半額で売り出していることもあるので本紙推薦釣具店情報欄
sanpo_01

小物は充実の品ぞろえ

や店頭を要チェック。

ルアー用品も充実で、こちらは若いバサーに大人気。小物釣り用品も充実しているので、タックルボックスや水汲み用ヒモ付きバケツなど、ヘラ釣りでも活躍しそうな便利グッズが見つかるので店内をくまなくチェックしてみることを勧める。

sanpo_03

これからのシーズン必携のパラソルやテントも

品質のよいものだけを売るという社長は、仕入れた商品は厳しくチェックし、不良品や粗悪な商品を棚に置かないように努めている。「これからもお客様に信頼していただける店作りをしていきます」と語った。

フィッシュオン幸手店sanpo_05g
【住所】埼玉県幸手市北1-10-35
【TEL】0480(42)0629
【営業時間】9:00~20:00(日祝19:00まで)
【定休日】月曜(祝日の場合は営業)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年9月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カカリ釣りチヌに挑戦」 年間を通して楽しめるチヌのカカリ釣りだが、…
  2. 週刊つりニュース関東版 2018年9月21日号表紙
    ■今週の特集 「カワハギ」 各地大会もヒートアップ中の「エサ取り名人」の異名を持つ人気…
  3. 週刊へらニュース 2018年9月21日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「新木水路(千葉)」 千葉県柏~我孫子の両市を流れる新木水路は、田…
  4. 週刊つりニュース中部版 2018年9月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アオリイカ最盛期へ!! ボートエギングに挑戦しよう」 ~キャスティ…
  5. 週刊つりニュース西部版 2018年9月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋アオリイカのエギング」 型狙いの春アオリに対し、秋アオリは数釣り…
  6. zenkai_
    イカメタルに挑戦したい。もっと上手になりたい。そんな読者の思いに応えるべくスタートしたのが読者…
  7. 週刊つりニュース関西版 2018年9月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋アオリ開幕」 秋のアオリイカシーズンが開幕した。ターゲットは春生…
  8. 週刊つりニュース西部版 2018年9月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「泳がせ釣り」 沖でヒラマサやブリといった青物を筆頭にヒラメや大型根…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年9月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のクロダイ攻略法」 ~堤防のウキフカセ!! 行動パターンを把握し…
  10. 週刊つりニュース関東版 2018年9月14日号表紙
    ■今週の特集 「コマセ釣り」 誰でも楽しめる東京湾のLTアジから相模湾のカツオ、ボート…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る