「リビエラカップ第11回 キスマスター2015」盛況!

曽根さんのきれいな1尾

曽根さんのきれいな1尾

5月17日(日)、相模湾小網代のシーボニアマリーナを会場とした「リビエラカップ第11回 キスマスター2015」=(株)リビエラリゾート・リビエラマリンクラブ主催=が開かれた。

kisu_master_infle01これは法律上航行に支障がないプレジャーボートやクルーザーヨット、14フィート以下で車両に積載またはけん引可能なカートップボートが参加できる貴重な大会。秋はカワハギが対象魚だが、春はシロギス。チームで4尾の合計全長を競う。

kisu_master_infle02各ホームポートか、カートップなら砂浜などから自由に出艇し、規定の時間に事務所にエントリーコール。検量時間に会場へ持ち込めばいいので会場近辺だけでなく、東京湾から参加するkisu_masters_kaityou人もいる。当日は68チームが参加(申し込みは73)。遊漁船からの参加枠として、小網代の丸十丸から22人がエントリー。

早朝に雨はぱらついたが午後からは快晴となり強い日差しになった。記者が乗り込んだのは大槻洋さんのプレジャーボート。友人の曽根啓司さんと古井一美さんが乗り込んだ午kisu_masters_sennai前7時前出艇。沖ですれ違った多くの参加者は仲間とともに楽しんでおり、声をかけると手を振ってくれる。

検量の締め切りは午後0時半。表彰式ではフラダンスなどのイベント、ウェルカムドリンクやビュッフェスタイルの昼食などのもてなしも。kisu_masters_yousu

順位の集計が行われる間にFMヨコハマのDJ井手大介さんと女性アングラー・小菅綾香さんのトーク、海上保安庁からは楽しい話でkisu_masters_ryouri海の安全をレクチャー。

プレジャーボート部門の優勝は全長トータル1039ミリでつれもて丸(鈴木隆弘さん)。なんと前回のハギマスターと連覇kisu_masters_DJだ。「エサはジャリメを1匹掛けにしました。水深4~8mを狙い、イトフケを出して向こうアワセで釣りました。優勝できるとは思っていませんでした」と鈴木さん。

遊漁船部門の優勝は池田英男さんで全長トータル901ミリ。「食いが渋かったのでチkisu_masters_marineョイ投げで広範囲を探りました。エサは青イソメ、タラシは3センチほどです」とコメント。

家族や会社、児童福祉施設からの参加など、この大会ならではの自由な楽しみ方がある。秋に開催される「ハギマスター」とともに、次回はぜひ参加してみては。kisu_masters01

▼問い合わせ
シーボニマリーナ大会事務局 http://www.riviera-r.jp/
TEL046(882)1214
〈本紙・大谷俊夫〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2019年3月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「備前川(茨城)」 今年は寒暖差が激しく、2月上旬は大寒波襲来、中…
  2. 週刊つりニュース関東版 2019年3月22日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ結実」 茨城や外房など各地で好釣果の続いているヤリイカ。釣趣も…
  3. 週刊つりニュース関西版 2019年3月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「花見カレイ釣りごろ」 関西圏でもそろそろ早咲きのサクラが咲き始める…
  4. 週刊つりニュース西部版 2019年3月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船イサキ釣り」 今週のつり作戦は、春から夏にかけて船釣りファンを楽…
  5. 週刊つりニュース中部版 2019年3月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バチ抜けシーバス」 ~入門に最適!! 春の激熱パターン(2~3面)…
  6. 週刊へらニュース 2019年3月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「花室川(茨城)」 琵琶湖に次いで、日本で2番目の湖面積を誇るのが…
  7. 週刊つりニュース西部版 2019年3月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセPE釣法」 今週のつり作戦は、フカセ釣りに新風を吹き込んだP…
  8. 週刊つりニュース関東版 2019年3月15日号表紙
    ■今週の特集 「イサキ好発進」 ついに開幕した南房のイサキ。 これから初島沖など各…
  9. 週刊つりニュース関西版 2019年3月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「チヌカカリ釣り本領」 いよいよチヌの乗っ込みシーズンがやってきた。…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年3月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! イワシ泳がせ五目」 ~高級根魚を狙い撃ち(2~3面) …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る