「第10回探見丸船釣り大会」イサキ狙い403人が奮闘 外房・大原

探見丸船釣り大会 大原 第三松栄丸にて

佐藤さんは本命の一荷にメバルも

GW明けからイサキが本格始動した外房大原で5月17日(日)、第10回探見丸船釣り大会=(株)シマノ主催=が開催。25隻403人が参加した。その様子を第三松栄丸から取材した。

〈本紙・堀口 俊〉


まだ真っ暗な午前3時半に受付開始、港は集合した釣り人たちの熱気があふれている。今年は例年より魚影が濃いらしく好釣果が期待される。探見丸の貸し出しもあり、試用できる。

古谷さんに良型4時から競技説明。検量は23センチ以上のイサキ5尾までの合計重量。仕掛け全長はクッションゴムから3.5m以内。ハリスは3号、ハリ数は3本まで。ビシカゴは船宿指定のものを使用。活エサはイソメ類以外禁止。

大下さんにも良型第三松栄丸は中井英明船長の操船で4時半すぎに出船。「ここ数日荒天が続いていたので、その前によかったポイントを攻めていきます」と船長。

5時ごろ大原沖のポイントに到着山口さんも本命を手にするし、合図で各船一斉にスタート。水深は16m。1投目から数人にアタリがあり本命が上がる。

右舷トモ寄りの佐藤さんはイサキの一荷にメバルも掛けて好発進。「グーッと重くなったので、船長の指示通りゆっくり巻いたらたくさん付いてました」と笑顔。

5時半前には早掛け勝負山田さんに平均サイズが行われる。全員真剣に竿先を注視する。沈黙を破り、早掛け賞を手にしたのは左舷トモの青木さん。「こういう時こそタナ指示を守って基本に忠実に釣りました」とコメント。
右舷胴の間の山口さんは「反応が悪いし、掛かってもバレる。最近のシケで活性が下がったのかな」と言いつつ本命を上げる。後半には白のカ喜田キャサリンさんに本命ラーバリを用いて一気に数を稼いでいた。

右舷ミヨシ寄りの工藤さんは、ライントラブルを解いて上げてみるとイサキ2尾にメバルのオマケ付き。「若月さんはマダイを上げたかえっていい待ちにでもなったのかな」と苦笑い。

7時ごろ移動すると食いが上向き、型もよくなる。右舷トモ寄りの古谷さんには30センチ近い良型のダブルが、その藤川さんもゲット右隣の大下さんには「このサイズになるとマダイのようにゴンゴン引きますね」で30センチ超が上がる。

移動直前、右舷ミヨシ寄りの若月さんの竿が大きく曲がり、1キロ弱のマダイが海面に現れる。工藤さんは本命一荷にメバルも

10時ちょうどに終了。船中釣果は25~36センチトップ40尾。ほとんどの人が5尾以上キャッチし検量に参加できた。

左舷胴の間の喜田キャサリンさんは「潮の流れに苦戦しました。バラシも多かったけどたくさん釣れました。丸くて美味しそうな魚ですね~」とニッコリ。

船長は「大型は少なかったけど、全体に魚がいきわたってよかったです。仕掛けは10尾上げたら1度は交換し、常にハリスがピンと張り、ハtanken_10リ先は鋭い状態にしておくといいですよ」とコメントした。
帰港すると 〝港の朝市〟が開催しており大にぎわい。参加者が揃い、表彰式&抽選会が行われる。

まずは各船の竿頭賞が発表。第三松栄丸からは青木敏光さん(1920グラム)が選ばれ、「釣果にも恵まれいい一日になりました。探見丸は魚群が目で見えるから楽しいし、ドキドキします」と笑顔満開。

続いて総合成績などが発表される。総合優勝&レディース賞の2冠に輝いたのは赤井留美江さん(2629グラム)。「優勝やりました!ミチイトで潮の流れを感じ取りながら釣りました。先週練習をした成果がだせてよかった」と満面の笑み。総合2位は羽原永二さん(2398グラム)。総合3位は海老原義雄さん(2289グラム)。

抽選会には高級タックルのほか、同港名物のイセエビなども登場。大盛況のうち散会となった。

▼問い合わせ シマノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. モーリス「ハードトップTiNICKS」
    チタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理で、強さと超耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高…
  2. ティムコ 「ジョイントワックス」
    ロッドのジョイント部をしっかりフィットさせ、緩みやガタつきを抑える。スピゴット(印籠継ぎ)・フ…
  3. ヒロキュー 「めっちゃ喰う!」シリーズ
    【トウモロコシ】 コーンペーストをたっぷり配合したアピール力抜群のトウモロコシイエロー。中…
  4. 週刊つりニュース関西版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒ベラ期待大」 水温がグッと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ序盤戦」 北西風が威力を増してくると、クロ釣り師にとっては待…
  6. 週刊つりニュース関東版 2017年12月15日号表紙
    ■今週の特集 「コマセマダイ」 そろそろ年末年始の釣行準備! 祝魚・マ…
  7. 週刊へらニュース 2017年12月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大落古利根川(埼玉)」 日ごとに寒さが厳しくなり、止水域は苦戦す…
  8. 週刊つりニュース中部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 寒ビラメ躍る季節」 ~人気上昇中の泳がせ釣りでトライ(…
  9. 最年少チャンピオンになった佐々木選手
    11月25日(土)、東京湾・久比里で開催された「ダイワカワハギオープン(DKO)2017」決勝…
  10. フィッシング遊
    フィッシング遊主催の「ファミリー&カップルトラウト釣り大会」が愛知県一宮市の北方・川釣…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る