長瀬太郎生川「アユトモ釣り大会」開催 三重 7月5日

昨年の大会風景

昨年の大会風景

三重県の長瀬太郎生川で7月5日(日)、漁協主催のアユトモ釣り大会が開催される。

長瀬太郎生川では、流程約7キロの区間に1300キロの琵琶湖産稚アユが放流されている。さらに、下流の比奈知ダムからも大量の天然ソ上がある。

この釣り大会は、漁協と地元ボランティアの方々による和気あいあいとした雰囲気が特徴で、毎年多くの参加者が集まっている。一度大会に出てみたいという人からトーナメンターまで実に様々な人が出場しており、地元の名手も多数出場。
昨年の表彰式の一コマ
前年の予選ボーダーラインは18匹。上位3位までの入賞者には賞金が進呈される。また、参加者全員に賞品が出る。

【大会要項】

  • 開催日 7月5日(日) ※荒天の場合、7月12日(日)に延期
  • 当日の流れ 長瀬公民館前にて午前7時から受け付け開始。午前8~11時に予選、午後1~3時に決勝
  • 参加費 2000円(オトリ代込み)
  • 参加資格 長瀬太郎生川の年券、当日の日券購入者

▼問い合わせ
長瀬太郎生川漁協・木下組合長 TEL090(5602)4356

〈辻野惠一郎=報〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース西部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のアオリイカ(エギング)」 春アオリといえば、産卵のために浅場…
  2. 週刊つりニュース関東版 2017年3月31日号表紙
    ■今週の釣り物「マブナ」 「釣りはフナに始まり、フナに終わる」という格言もあるくらい、多く…
  3. 週刊つりニュース関西版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みマダイと勝負」 関西のサクラも開花までいよいよ秒読み、そし…
  4. 週刊へらニュース 2017年3月31日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「鳥羽井沼自然公園の池(埼玉)」 都心ではサクラが開花していよいよ…
  5. 週刊つりニュース中部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセ春の乗っ込みクロダイ雄姿」 ~回遊&居…
  6. シーガーPE X8
    シーガーからこだわり派のためのPEライン「シーガーPE X8」が4月発売予定。 同社…
  7. F90CETX
    ヤマハから軽量・コンパクトを追求した4ストローク船外機「F90C」が4月発売。 新世…
  8. hayabusa
    ハヤブサからタイにこだわる船釣り師のための「無双真鯛」シリーズに鱗ケイムラサバ皮とケイムラフッ…
  9. 総会の様子
    3月4日(土)、埼玉県川口市にある市民ホール・フレンディアで日本へら鮒釣研究会の平成29年度定…
  10. 5月20日(土)、第38回湘南ひらつかシロギス沖釣り大会=平塚市観光協会主催=が開催される。 …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る