長瀬太郎生川「アユトモ釣り大会」開催 三重 7月5日

昨年の大会風景

昨年の大会風景

三重県の長瀬太郎生川で7月5日(日)、漁協主催のアユトモ釣り大会が開催される。

長瀬太郎生川では、流程約7キロの区間に1300キロの琵琶湖産稚アユが放流されている。さらに、下流の比奈知ダムからも大量の天然ソ上がある。

この釣り大会は、漁協と地元ボランティアの方々による和気あいあいとした雰囲気が特徴で、毎年多くの参加者が集まっている。一度大会に出てみたいという人からトーナメンターまで実に様々な人が出場しており、地元の名手も多数出場。
昨年の表彰式の一コマ
前年の予選ボーダーラインは18匹。上位3位までの入賞者には賞金が進呈される。また、参加者全員に賞品が出る。

【大会要項】

  • 開催日 7月5日(日) ※荒天の場合、7月12日(日)に延期
  • 当日の流れ 長瀬公民館前にて午前7時から受け付け開始。午前8~11時に予選、午後1~3時に決勝
  • 参加費 2000円(オトリ代込み)
  • 参加資格 長瀬太郎生川の年券、当日の日券購入者

▼問い合わせ
長瀬太郎生川漁協・木下組合長 TEL090(5602)4356

〈辻野惠一郎=報〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2017年6月2日号表紙
    ■今週の釣り物「ムギ・マルイカ」 しっかり誘い、繊細なアタリを察知。ゲーム性が高い釣り物で…
  2. 週刊つりニュース関西版 2017年6月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「スロージギングに挑戦」 初夏の沖はお魚パラダイス。魅力的な魚が目白…
  3. 週刊へらニュース 2017年6月2日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「豊英湖(千葉)」 千葉県君津市にある豊英湖は三島湖、戸面原ダムと…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年6月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ナマズゲーム] ~昼も夜もエキサイティング!! ハマり過ぎには注意…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年6月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ブラックバス」 今週のつり作戦は、趣向をガラリと変えて、いきなりホ…
  6. 釣具のまつお
    大分県日田の三隈川沿いに店を構える釣具のまつお。三隈川をはじめ日田エリアはアユ釣り場として知ら…
  7. marukyu
    マルキユーからコイ釣り用配合エサ「粒鯉」が新発売。 動物性の素材を主体に用いた、集魚…
  8. hayabusa
    ハヤブサから遊動式鯛ラバ「無双真鯛フリースライド」シリーズに、新形状のネクタイが登場。 …
  9. dai3matsuei_hirame
    外房大原の第三松栄丸で開催されていた第10回ヒラメマスターズ。5月6日(土)に今季のヒラメ釣り…
  10. gama_ayu
    がまかつからアユ竿「がま鮎 競技GTI」が新発売。 極泳がせ…泳…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る