「ダイワへらペアバトル2015」リポート 清遊湖 上杉拓・山村慎一ペアが優勝

daiwa_battle03

5月30日(土)、千葉県柏市にある清遊湖で「ダイワへらペアバトル2015」が行われた。予定定員を超えた80組160人が競い合った結果、上杉拓・山村慎一ペアが2位に15キロ以上の差をつけて優勝した。

〈週刊へらニュース・湯浅〉

daiwa_battle04
競技は中央桟橋全域と南桟橋の渡り桟橋までを使用して行われた。釣り座はペア同士が離れて着座するように配慮した当て番制。

daiwa_battle02午前7時15分にスタート。短竿の浅ダナからチョウチン釣りの人が多かったが、なかには長めの竿で沖宙狙いと釣り方はさまざま。エサはウドンセットを中心に、トロ巻きセットや両ダンゴの人もいた。

前日までは好況だった同池。だが前夜にまとまった雨が降ったことによる水替わりと大会特有のハイプレッシャーのためか、思っていた以上に食いは渋い。

それでも開始から30分が経過したころには、短竿浅ダナウドンセットの人を中心にあちらこちらで竿が立つようになる。なかでもスタートダッシュを決めたのは、中央桟橋の北桟橋向きに入った山村慎一氏。竿8尺タナ1メートルをウドンセットで狙い、同池特有の〝モーニングサービス〟をきっちりとモノにした。daiwa_battle01

一方、チョウチン釣りや沖宙は浅ダナと比べて伸び悩む。エサはトロ巻きセットや両ダンゴ(ペレット系も含む)は厳しく、ウドンセットが断然。

11時に30分の休憩時間。この間のエサ打ちは禁止。後半になっても山村氏の勢いは止まらない。「渋いけど短いハリスがよかった」と、スタート時は30センチだった下ハリスが、段階的に19センチまで短くした。

パートナーの上杉拓氏は、あまり好調ではなかった南桟橋と釣り座は恵まれなかったものの周りではいいペースで絞る。

一方、後半になっても着実に釣果を伸ばしていったのが中央桟橋の南桟橋向きに入った太田武敏・天笠充ペアと同桟橋の北桟橋向きの柴崎誠・根本浩延ペア。4人とも安定したペースで絞り続ける。

daiwa_battle05だが最後まで山村氏のペースが落ちることはなかった。個人釣果では断トツの40キロ近い釣果を上げ、上杉氏とともに2位以下の追撃を振り切っていった。

午後2時に競技終了。上杉・山村ペアが60.05キロで優勝。2位は同貫だったがじゃんけんの結果太田・天笠ペア、3位は柴崎・根本ペアだった。

表彰式の後には抽選会やじゃんけん大会が行われ、和気あいあいとしたムードのなか閉会した。

【ダイワへらペアバトル2015結果】
順位 氏名(敬称略) ペア総重量(kg)
優勝 上杉拓 山村慎一 60.05
2位 太田武敏 天笠充 44.5
3位 柴崎誠 根本浩延 44.5
4位 中島崇博 小野恵介 39.75
5位 種家太一 岩本勝 35.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年7月26日号表紙
    ■今週の特集 「LTアジ&シロギス」 夏休み特集第一弾として、気軽に楽しめる東京湾の2…
  2. 週刊へらニュース 2019年7月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「群馬の水郷」 梅雨明けが秒読み段階に入り、夏ベラ釣りが本番を迎え…
  3. 週刊つりニュース西部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏のタイ五目釣り」 胴突き仕掛けで楽しめるタイ五目釣りは人気の釣り…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「真夏のアユ」 ~梅雨が明けるとトモ釣り最盛期(2~3面) 8月…
  5. 週刊つりニュース関東版 2019年7月19日号表紙
    ■今週の特集 「海の釣り堀」 悪天候に強く、初心者やファミリーも気軽に楽しめる海の釣り…
  6. 週刊へらニュース 2019年7月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「袋のため池(千葉)」 長引く梅雨で、釣行をためらう人も多いはず。…
  7. 週刊つりニュース中部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「始めよう!! エリアトラウト」 ~子供からシニアまで&初心者からベ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 いよいよ本格的なシーズンを迎えた船のイカ釣り。…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年7月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 釣りの経験がない、家族や友人に手軽に釣りの楽しみを教…
  10. 週刊つりニュース関東版 2019年7月12日号表紙
    ■今週の特集 「夏ビラメ」 外房・外川や飯岡で6月から解禁しているヒラメ。今期は数、型…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る