ヤマリア ヤマシタ「エギ王 K ナチュラルカラー」

yamashita_egiou_0008

上記画像は【N04 AAJ】アオアジ

ナチュラル感UP! イカも間違う色と動きの「エギ王 K ナチュラルカラー」

ヤマリアのヤマシタブランドから「エギ王 K HF  ナチュラルカラー」2.5、3.0、3.5、4.0号が発売に。

要望が多かったナチュラルカラーが登場した。今まで以上にナチュラル感を追求したカラーリング。そして、「エギ王 K」特有のベイトを再現した動き。その要素が融合し、「ターゲットにエギを見切られず、しっかりと抱かせることができる」そんなエギが完成。

【特徴】
◎ナチュラル感UP
ボディテープの上に背中塗装を施すことで、背色の奥深さを表現し、今までにないナチュラル感を表現し、鮮度の良いベイトの色合いをイミテート。ホログラムボディによる鱗の乱反射の再現、寄ってくるがエギに乗らないスレイカとの接近戦において、ホロテープやラメ布のキラメキや、虹テープの色彩変化で、イカを乗せます。

◎ハイドロフィン
ハイドロフィンは、船の「舵(かじ)」と「帆(ほ)」の役割を合わせ持ちベイトの動きを再現。【舵の役割】フォール中の安定性を高め、ブレないフォールで無防備なベイトを演出。【帆の役割】尾部に潮流を受けることで潮上を向き、ベイトの動きと同調。透明感のあるピンクパール色は、ベイトの腹部の色を表現(N06はケイムラフィン)。動きと色でナチュラル感の向上をアシストしている。

◎カラーチャート
【N01 AJK】金アジ
ナチュラルカラーのど定番色である金アジカラー。
金ホロテープによる乱反射アピールでナチュラル感がUP。

【N02 MKN】マジカルコノシロ
暗色系の背色とホログラムボディの組み合わせは、銀色系ベイトに幅広く対応。
実績抜群な魔法のカラーで、爆発的な釣果を生み出す可能性を持つ。

【N03 MI】マイワシ
ソルトルアーの定番色であるイワシカラーは、エギングでも有効。
澄み潮や低水温でナーバスになっている低活性時に真価を発揮。

【N04 AAJ】アオアジ
薄緑色の背色が潮に溶け込み、無防備なベイトを装うカモフラージュカラー。
ホログラムによる乱反射が生命感を演出しターゲットとの接近戦を制する。

【N05 QSN】キュウセン
キュウセン特有のカラフルな体色を虹テープで表現。
複雑な色のアピールで、低活性なターゲットの視覚を刺激。

【N06 SE】スジエビ
ケイムラボディの発光とクリア感、ラメ布の細かな反射など、
様々なアピール要素を持ち合わせた贅沢なカラー。

仕様
2.5 11g 約5.0~5.5秒/m
3 16g 約3.0~3.5秒/m
3.5 22g 約3.0~3.5秒/m
4 26g 約2.7~3.2秒/m

オープン価格

※2.5、3.0号は7月上旬発売予定、3.5、4.0号は発売中

▼ヤマリア
http://www.yamaria.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年7月26日号表紙
    ■今週の特集 「LTアジ&シロギス」 夏休み特集第一弾として、気軽に楽しめる東京湾の2…
  2. 週刊へらニュース 2019年7月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「群馬の水郷」 梅雨明けが秒読み段階に入り、夏ベラ釣りが本番を迎え…
  3. 週刊つりニュース西部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏のタイ五目釣り」 胴突き仕掛けで楽しめるタイ五目釣りは人気の釣り…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「真夏のアユ」 ~梅雨が明けるとトモ釣り最盛期(2~3面) 8月…
  5. 週刊つりニュース関東版 2019年7月19日号表紙
    ■今週の特集 「海の釣り堀」 悪天候に強く、初心者やファミリーも気軽に楽しめる海の釣り…
  6. 週刊へらニュース 2019年7月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「袋のため池(千葉)」 長引く梅雨で、釣行をためらう人も多いはず。…
  7. 週刊つりニュース中部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「始めよう!! エリアトラウト」 ~子供からシニアまで&初心者からベ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 いよいよ本格的なシーズンを迎えた船のイカ釣り。…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年7月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 釣りの経験がない、家族や友人に手軽に釣りの楽しみを教…
  10. 週刊つりニュース関東版 2019年7月12日号表紙
    ■今週の特集 「夏ビラメ」 外房・外川や飯岡で6月から解禁しているヒラメ。今期は数、型…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る