静岡清水港「第23回船キス釣大会」リポート

simizu_kisu09

6月21日(日)、静岡の清水遊漁船業協会主催で「第23回船キス釣大会」が開催された。194人が22隻に分かれて乗船。シロギスの尾数を競い、63尾で秋山隆之さんが栄冠を手にした。

simizu_kisu02集合は午前5時。協会に加盟する船は清水や興津、袖師埠頭、巴川河口などに係留しており、各自が申し込んだ船に乗り込む。6時から競技開始。simizu_kisu01

simizu_kisu03清水のシンセイ丸では「先週の試し釣りではいい人で52尾でした。まだ小型が多いのでハリは小さめの6号がいいですよ」と増田憲光船長がアドバイス。水深は6~8メートル。左舷ミヨシ寄りの石井貴司さんは初参加ながら序盤から快調で「ハリは6号。天ビンは半遊動で、既製品を改良し食い込みがいい素材を使っています」。何度も一荷を披露し11時の終了までに46尾を上げて船中トップ。simizu_kisu05

同行の和田臣司さんも石井さんの天ビンを使いコンスタントに掛ける。「普段はタチウオに来ており、この船から参加したいと思って来ました。ジャリメエサのタラシはなしで、ハリが隠れる程度にしています」と41尾で船中2位。ハリの大きさや、ヒネリの有無、ケイムラビーズの使用など、皆が試行錯誤して数を競simizu_kisu09う。右舷トモの中村智則さんは21センチを上げ船中最大だった。

11時に終了し、消防署脇の船溜まりに設置された大会会場で全員の魚を集めて検量。各船はそれぞれの船着き場に戻り、参加者は車で会場に向かう。雨が本降りになるなか、正午から表彰式。simizu_kisu04

栄えある1位は鰹鳥に乗船した秋山隆之さんで、「ハリはアスリートの5号。いつも小さめを使っています。ハリスは0.8号で全長1メートル。3本バリでそれぞれ金ビーズ付きです。今まで15回くらい参加しており、よくても15位でした」simizu_kisu06。去年よりも釣った数は少なく、全体的に渋かったが、日ごろの鍛錬が発揮された結果のようだ。

また、同じ船の鷲尾烈さんは26センチを上げて大物賞をゲットした。昨年1位の中村隆之さんは47尾で8位(海秀丸から参加)、シンセイ丸でトップの石井貴司さんは11位にランクインした。

上位の副賞は大型テレビや自転車などsimizu_kisu07で、¥7000の参加費では考えられないほど豪華。上位を逃しても、釣り道具などの賞品が全員に贈られるので初心者が参加simizu_kisu08しやすい。来年も同時期に開催予定なので挑戦してみては。

▼問い合わせ 清水のシンセイ丸海秀丸

〈週刊つりニュース東京本社・青砥一生〉simizu_kisu12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年9月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カカリ釣りチヌに挑戦」 年間を通して楽しめるチヌのカカリ釣りだが、…
  2. 週刊つりニュース関東版 2018年9月21日号表紙
    ■今週の特集 「カワハギ」 各地大会もヒートアップ中の「エサ取り名人」の異名を持つ人気…
  3. 週刊へらニュース 2018年9月21日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「新木水路(千葉)」 千葉県柏~我孫子の両市を流れる新木水路は、田…
  4. 週刊つりニュース中部版 2018年9月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アオリイカ最盛期へ!! ボートエギングに挑戦しよう」 ~キャスティ…
  5. 週刊つりニュース西部版 2018年9月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋アオリイカのエギング」 型狙いの春アオリに対し、秋アオリは数釣り…
  6. zenkai_
    イカメタルに挑戦したい。もっと上手になりたい。そんな読者の思いに応えるべくスタートしたのが読者…
  7. 週刊つりニュース関西版 2018年9月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋アオリ開幕」 秋のアオリイカシーズンが開幕した。ターゲットは春生…
  8. 週刊つりニュース西部版 2018年9月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「泳がせ釣り」 沖でヒラマサやブリといった青物を筆頭にヒラメや大型根…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年9月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のクロダイ攻略法」 ~堤防のウキフカセ!! 行動パターンを把握し…
  10. 週刊つりニュース関東版 2018年9月14日号表紙
    ■今週の特集 「コマセ釣り」 誰でも楽しめる東京湾のLTアジから相模湾のカツオ、ボート…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る