夏休みの水族館ガイド 7月18日からの「マリンワールド海の中道」は楽しく涼感たっぷり

marineworld_uminonakamichi

暑い夏を迎え、ますます訪れる人たちを楽しませている涼感たっぷりの「マリンワールド海の中道(福岡市東区西戸崎)」。今夏のテーマは「夏・マリンワールド・ガチ」。7月18日から始まる恒例の人気イベント「夜の水族館」と併せて昼も夜もガチで楽しめる夏の水族館になっている。

【昼の水族館】
「はだしでイルカにタッチ」=はだしになってイルカの背中に触れるイベント。7月18日~8月31日。1回500円、参加条件は身長100センチ以上の方、雨天中止。
「スプラッシュフェス」=昼のイルカショーは水しぶき120パーセント。ずぶ濡れ覚悟の楽しいイベント。7月18日~8月31日。

【夜の水族館】

2万尾のイワシが見せる「音と光のイワシショー」をはじめ、博多湾の夜景をバックに迫力満点のジャンプが楽しめる「夜のイルカショー」、ほか「ウミホタルの発光実験」、小型カメラでラッコの魅力に迫る「ラッコライブ(土日祝日、お盆期間実施)」など、夜ならではのショーや展示が楽しめる。開催日は7月18日~8月31日、9月5、6、12、13、19~23日。

なお、7月11日~9月30日まで射的の名人・テッポウウオや、縁日の主役・金魚などが展示される「さざなみ縁日」も開催される。

▼マリンワールド海の中道
TEL092(603)0400
http://www.marine-world.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年12月4日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 茨城や外房を中心に高い人気を誇る、ひとつテンヤを使った…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 水温が下がってくると、あれだけ元気だった魚たちも…
  3. 週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「シーバスにオフシーズンなし!! 冬パターンで攻略」 ~ルアーセレク…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  6. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船タチウオ」 大分沖の船釣りを賑わしているのがタチウオ! 晩秋を迎…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カワハギと勝負」 ~沖釣り至高のターゲットに挑戦!! 冬にかけて絶…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月20日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー激アツ」 脚光を集めるスーパーライトジギング「SLJ」地域によっ…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 秋の深まりとともに活性化してきている磯のクロ。続々と…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る