「バリバスカップへらOVER40トーナメント」リポート

over4001

バリバスカップへらOVER40トーナメントが7月20日(月・祝)に千葉県野田市にある野田幸手園で開催された。参加139人。当大会は40歳以上を対象とした1DAYトーナメントで通常の総合入賞のほか、当大会ならではとも言える年代別表彰があり人気を博している。当日は晴天微風の釣り日和。暑さだけはどうにもならなかったが、セット釣り全盛の時代に両ダンゴで挑む参加者が多いのも当大会の特徴。現に総合優勝を果たした高野氏も浅ダナ両ダンゴであった。

〈本紙・関口〉


準備が順調に進み、予定より10分繰り上げて6時50分に競技開始。使用桟橋は竹・もみじ・アカシアの両面で座席は当て番。朝から気温はグングン上がり、風もないので桟橋上にはすぐにパラソルの花が咲く。

取材する側にとってはパラソルがジャマで、誰が釣っているのか遠目では判断できないシチュエーション。しかし竿が曲がっているのはファインダー越しに見え、それが今年は早朝からひん繁に確認できた。今年は好釣果が出そうな予感。しかし先日の台風による大雨の水温低下などもあり、モーニングサービスが終了するとスレやカラツンが目立ち始める。さらに追い打ちをかけるように、空が雲に覆われると食い渋りが加速。共エサ組は苦戦を強いられる。

「渋い時間はエサ打ちリズムとハリスワーク、それとタッチの微妙な変化で乗りきった」。そう話すのは竿10尺浅ダナ両ダンゴで総合優勝(50歳代もV)を決めた高野重弘氏。大会終了後の総評で「今季はグルダンゴ3+両ダンゴA1をベースにしたブレンドが野でも管理でもいい成績を残している」と話したカリスマ・小池忠教のアドバイスを大会でも実践したのだと言う。

「基エサの性能がいいのですから、あとは何を混ぜるかを自分なりに考えました。寄せたいと感じたらオールマイティで、上っ調子でエサ持ちが悪いと感じたらしめかっつけと言うように特徴のあるエサを手水と一緒に混ぜ込みました」

だが渋い時があれば食いが立つ時間帯だって当然ある。その時にいかに爆発させるか。両ダンゴの見せどころはまさにそこだろう。そこで同氏はナジミ途中に触りがあった時だけハリスが張りきるのを待ち、そこから連動して出るアタリに的を絞ってできるだけタナを壊さないように注意して釣り込んだ。アタれば何でもアワせる。これではすぐにタナは崩壊してしまうのだから。

over4002午後1時に競技終了。集計の時間を利用してのエサ教室で野島インストラクターが両ダンゴの黄金ブレンド(グルダンゴ・ベーシック・オールマイティ)の作り方をレクチャー。水を入れるタイミングでタッチが変わること、指の腹をボウルの底に当てて練らないなどの注意点を解説した。

メーカー主催のトーナメントだとどこかギスギスした感が否めない雰囲気だが、OVER40にはそれが少ない。競うなかにも和気あいあいとした大人のムードが漂う素晴らしい大会だった。

▼野田幸手園
TEL04(7127)2300

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース西部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のアオリイカ(エギング)」 春アオリといえば、産卵のために浅場…
  2. 週刊つりニュース関東版 2017年3月31日号表紙
    ■今週の釣り物「マブナ」 「釣りはフナに始まり、フナに終わる」という格言もあるくらい、多く…
  3. 週刊つりニュース関西版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みマダイと勝負」 関西のサクラも開花までいよいよ秒読み、そし…
  4. 週刊へらニュース 2017年3月31日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「鳥羽井沼自然公園の池(埼玉)」 都心ではサクラが開花していよいよ…
  5. 週刊つりニュース中部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセ春の乗っ込みクロダイ雄姿」 ~回遊&居…
  6. シーガーPE X8
    シーガーからこだわり派のためのPEライン「シーガーPE X8」が4月発売予定。 同社…
  7. F90CETX
    ヤマハから軽量・コンパクトを追求した4ストローク船外機「F90C」が4月発売。 新世…
  8. hayabusa
    ハヤブサからタイにこだわる船釣り師のための「無双真鯛」シリーズに鱗ケイムラサバ皮とケイムラフッ…
  9. 総会の様子
    3月4日(土)、埼玉県川口市にある市民ホール・フレンディアで日本へら鮒釣研究会の平成29年度定…
  10. 5月20日(土)、第38回湘南ひらつかシロギス沖釣り大会=平塚市観光協会主催=が開催される。 …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る