「第16回親子体験釣り教室」リポート 相模湾平塚港出船

jana01

8月18日(火)、相模湾平塚港出船で「第16回親子体験釣り教室」=(公財)日本釣振興会・日本釣りジャーナリスト協議会共催=が開催され、54組(大人64人、子ども73人)が参加。ライト五目釣りを楽しんだ。

同教室は次世代を担う子どもたちに、釣りの楽しさを知ってほしいと毎年8月に行われている。

釣り初体験でも安心して楽しめるように、釣りのマスコミ、釣り団体やメーカー関係者が分乗。本紙は7号船を担当。天ビン、ビシのセッティングやエサの付け方など、釣り方の基本を指導。サオ&リール、救命胴衣も無料レンタルなので、手ぶらで参加する親子が多かった。
jana02
港で開会式のあと、ライフジャケット着用方法や重要性をレクチャー。

当日は曇りで涼しいが、とても風が強く、海は大きなウネリがある。出船が危ぶまれるほどだが、なんとか午前8時過ぎに港を離れる。

船が大きく揺れるため、安全性を考慮。航程5分ほどの近いポイントでアジやサバを狙うことに。jana04

開始直後から良型のゴマサバが次つぎと掛かる。家族5人で釣行した岡野扇弓ちゃん(小5)はサバだけでなく小型のソーダも釣り上げてご満悦。佐藤晃大くん(小2)は父親の憲一郎さんと竿を出す。「親子でよく船釣りをします。やっと釣りを好きになってきたみたい」と憲一郎さんは笑うが、晃大くんは船酔いでダウン。立っているのも難しい揺れにさすがに耐えられなかったようだ。

jana0310時近くになると、船中の子どもたちの多くが船酔いになってしまう。他船でも同様だったので予定より早い10時に沖上がり。全員がサバやアジ、ソーダの型を見たが、少しつらい釣行になってしまった。

帰港直後は少し元気がなかった子どもたちも、いろいろな賞品が当たるジャンケン大会のころには元気を取り戻し、大盛り上がりでイベントを終了して散会となった。

〈本紙・大谷俊夫〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る