「第2回 震災復興 日立沖真鯛釣り大会」開催 茨城・日立港久慈漁港 10月12日

昨年の覇者、篠原恵子さんの6.45kg

画像は昨年の覇者、篠原恵子さんの6.45kg

10月12日(月・祝)に茨城・日立港久慈漁港で「第2回 震災復興 日立沖真鯛釣り大会」=主催・日立沖釣り大会実行委員会=が開催される。

昨年の第1回大会は253人が参加。今回は規模を拡大して300人を募集。申し込みは9月1日~。詳細は以下の通り。

【日時】
10月12日(月・祝)。荒天の場合は10月18日(日)。午前4時半受け付け開始。5時出船、11時ストップフィッシング
【審査】
参加者が当日釣り上げたマダイ1尾の重量を競う(横取り方式)。総合1~3位、船中優勝、レディース賞、大物賞など
【ルール】
▽…船内に持ち込める竿は一人2本まで
▽…エサは全船共通。持ち込み、ワームの使用は禁止。追加のエサは船内で購入可能
▽…テンヤ・カブラは、遊動式、ブレード付き、鯛ラバ、ネクタイ、テンヤ以外の枝バリは禁止。号数については船長の指示に従うこと
▽…ラインはPE0.6~0.8号。リーダーは2~3号を5メートル以内
【料金】
¥12000(乗船料、エサ1パック、弁当、保険含む)
【申し込み】
申し込みは直接船宿へ。
勝二丸TEL0294(52)4895、第一釣友丸、第二釣友丸弘漁丸、大さん弘漁丸大貫丸、第三大貫丸さくら丸直重丸、友美丸TEL0294(52)4650、大萬丸宮田丸日正丸ほか

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る