「サンラインカップ鮎2015藁科川大会」結果リポート 静岡県静岡市

sunline00

8月29日(土)、静岡県静岡市を流れる藁科川で「サンラインカップ鮎2015藁科川大会」=サンライン主催=が開かれた。参加者118人がぐずついた天候のなか、熱戦を繰り広げた。

午前6時、オトリや食事を扱う釣具店・さおしん前の広場に集まり、本紙でもおなじみ、サンラインフィッシングガールのそらなさゆりさんが司会を務めて開会式。主催者から、ルール説明と雷に対する注意喚起。大会は予選、決勝ともにトモ釣りで釣ったアユの尾数を競う。sunline01

予選は7時から開始。11時までに帰着し、検量を行う。さおしん前を中心に上流をA、下流がBとし、各ブロックで上位の2割が勝ち残る。女性3人が優先的に入川し、オトリの配布とともに各自が順番に希望のポイントへ入る。

前日までの雨のせいで大水になり、アカ着きが少ない。魚が落ち着いていないのかハミ跡はあるものの、ナワバリ形成には至っていないようだ。普段は掛からないような砂底でぽつぽつ上げた人もいた。

10時をすぎると続ぞくと検量。このころから雨が降ったりやんだりの悪天候に。かなり状況が芳しくないようで選手たちは「厳しい」「ダメだった」などと話す。そんななか、前年度優勝者の上田弘幸選手が登場。舟のなかからはゴロゴロと魚が跳ねる音が漏れ、周囲の期待が高まる。結果は、半数以上がツ抜けできない状況でダントツの15尾。「石の横で止める感じで、竿を寝かせておく戦法が当たった」と上田選手。Aは6尾以上、Bは8尾以上釣った選手が決勝に進出した。

sunline02正午から決勝が開始。エリアが狭まり、各自が思い思いの場所へ散らばる。午前中と状況はあまり変わらず選手はポイントを探して右往左往。途中、日が差して状況は改善するかと思われたが、それも少しの時間だけ。アッという間に2時になり検量へ。

5尾以下の人が大半を占めるなか、上田選手が8尾を持ち込み会場はどよめく。連覇かと思われたが、野崎洋美選手が同数を持ち込む。

「おそらく早掛けになるだろうから竿はしまわないで」と主催者。しかし、直後に西部俊希選手が9尾を持ち込み、優勝が決定。規定により2位、3位を決める早掛け対決が行われるはずだったが、ここで野崎選手にアクシデント。準備中に竿が折れてしまい主催者判断で上田選手の不戦勝。4位の小野田清時選手と5位の高柳孝選手は7尾で並び、こちらは規定により、ジャンケンで順位を決定。僅差の勝負を制し、西部選手が栄冠に輝いた。

西部選手は今大会初出場。藁科川は3回目という23歳の若手ながら父、祖父ともアユファンだった影響で釣り歴は8歳からというベテラン。「選択したポイントは、予選が富沢橋の下流、決勝はさおしん下流の流れがぶつかるカーブの先(通称:釜戸)。一日を通して引き釣りを行った。変化のあるポイントを狙い、反応があった場所で止めて待つ釣り方がよかった」と語った。

表彰式のあと、安倍藁科川漁協組合長からあいさつ。抽選会が行われ、特製仕掛けや甘いスイカなどうれしい景品が参加者の手に。最後にジャンケン大会が行われ、大いに盛り上がりイベントは幕を閉じた。

入漁料は日券¥1500、現場日券¥2500。

▼問い合わせ
安倍藁科川漁協 http://abewarashina.com/
TEL054(272)3111

<週刊つりニュース東京本社・小谷友樹>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年3月29日号表紙
    ■今週の特集 「コマセ釣り」 アジやマダイなど魚種多彩なコマセ釣りを紹介 ----…
  2. 週刊つりニュース西部版 2019年3月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「オフシャロゲーム」 今回は本紙APCでもあり、現役の船長、そしてガ…
  3. 週刊つりニュース関西版 2019年3月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「メバリング楽し」 メバルと聞くとついつい冬の釣りをイメージしてしま…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年3月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセ春の乗っ込みクロダイ」 ~産卵のため浅場に集結!! 自…
  5. 週刊へらニュース 2019年3月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「西の洲干拓水路(茨城)」 茨城県稲敷市を流れる西の洲干拓水路は、…
  6. 週刊へらニュース 2019年3月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「備前川(茨城)」 今年は寒暖差が激しく、2月上旬は大寒波襲来、中…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年3月22日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ結実」 茨城や外房など各地で好釣果の続いているヤリイカ。釣趣も…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年3月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「花見カレイ釣りごろ」 関西圏でもそろそろ早咲きのサクラが咲き始める…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年3月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船イサキ釣り」 今週のつり作戦は、春から夏にかけて船釣りファンを楽…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年3月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バチ抜けシーバス」 ~入門に最適!! 春の激熱パターン(2~3面)…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る