「第8回いすみ市大原港一つテンヤ真鯛釣大会」リポート

昨年の大会の模様

9月6日(日)、外房大原で第8回いすみ市大原港一つテンヤ真鯛釣大会=夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会主催=が開催され、26隻349人が参戦。秋晴れの空の下、大型を求めて競い合った。熱戦の様子を本紙協定・大吉丸から乗船取材した。

<つりニュース東京本社・堀口 俊>

ohara04午前3時半に受け付け開始。港ではビッグワンを求めるファンが出船を待ちわびる。4時から開会式。

競うのはマダイ1尾の重量。サメ、エイを除くほかの魚は大物賞の対象となる。釣法はエビエサを用いたリールシャクリ釣り。大会規定で活エサの使用やテンヤ以外の仕掛けは禁止。サキイトは5メートル以内。23センチ以下のマダイはリリース。

4時半に中田文彦船長の舵取りで出港。海上は晴れで微風の釣り日和。

20分弱で真沖のポイントに到着。5時にスタートフィッシング。水深は37メートル。まずは早掛け賞が競われる。15分ほどでアタリはでるが、うまく食い込まない様子。どうやら荒天の影響が残っているようだ。

しばらくして左舷胴の間の市川さんが小型ながら本命を確保。テンヤはゴールドの8号。「大きく動かして誘っている人にアタリがなかったので、テンヤを止めて待ってみたらきました」と、すぐ後にも同型を1尾追加する。

その後、僚船から「大型が上がった」と情報があり御宿沖へ。水深40~65メートルの深場でカケアガリをなぞるように探っていくが、キントキやマハタなどの嬉しいゲストは上がったものの本命の型が伸びないまま10時にストップフィッシング。

ohara02帰港すると、地元特産品が並ぶ〝港の朝市〟が開催中。その横で検量が行われる。恒例のジャンケン大会から始まり、各賞発表に続いて上位入賞者が表彰。

総合優勝は宮本優一さん(7060グラム)。「船長のよさと努力の結果です。水深60メートルほどの場所でテンヤは8号。着底してすぐにガガーッとラインを引き出してくれました」と話した。

2位は伊賀崎祐さん(4740グラム)。3位は京増快樹さん(4020グラム)。「この釣りは2回目です。来年もがんばります!」とコメントした。

ohara03大物賞は5.16キロヒラマサで砂見清さん。レディース賞は0.52キロで古田裕紀さんだった。
中田船長は「テンヤマダイはこれからが本番。数はもちろん、大型も狙えるよ。マハタやワラサなどを交えて五目釣りが楽しめるから、ぜひ来てください」と話した。

総合成績表
順位 氏名(敬称略) 船名 釣果(kg)
優勝 宮本優一 第一松栄丸 7.06
2位 伊賀崎祐 利東丸 4.74
3位 京増快樹 富久丸 4.02
大物賞 砂見清 富士丸 5.16(ヒラマサ)
レディース賞 古田裕紀 富士丸 0.52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年4月10日号表紙
    ■今週の特集 「シロギス白輝」 第5回 そらなさゆりの釣りってWonderful …
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年4月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みチヌ」 桜が満開を迎える季節、いよいよ待望の春の一大イベン…
  3. 週刊へらニュース 2020年4月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「市野川(埼玉)」 関東地方ではサクラが開花したかと思えば雪が降っ…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年4月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アマダイ攻略!! テンビンフカセ&タイラバで狙う」 ~釣っても食べ…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年4月3日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー釣り注目」 マゴチ…東京湾・深川木場 吉野屋 …
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年4月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船イサキ釣り」 今週のつり作戦は、春から夏にかけて船釣りファンを熱…
  7. 週刊へらニュース 2020年4月3日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「高滝湖(千葉)」 昨年、あまりパッとしなかった千葉県市原市にある…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年4月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「投げ釣り!! 花見ガレイの季節」 ~産卵明けの荒食い期に狙おう(2…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年3月27日号表紙
    ■今週の特集1 「マゴチ好気配」 サイマキを使ったエサ釣りに注目。エサ付けから前アタリ…
  10. 週刊へらニュース 2020年3月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「城沼(群馬)」 今年も乗っ込みシーズンが到来だ。しかも今年は例年…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る