「2015おおむらわん・海の駅ルアーフィッシング大会」開催 10月11日

10月11日(日)、長崎県西彼杵郡の大村湾を舞台に「2015おおむらわん・海の駅ルアーフィッシング大会」(主催=「おおむらわん・海の駅」アルパマ)が開催される。

波静かな大村湾はボートフィッシングで人気のエリア。ルアーでは水面をステージにして楽しむトップウオーターでシーバスやクロダイ(チヌ)が釣りやすいことでも有名なエリア。

水面に浮いているルアーを魚が急襲するトップウオーターは視覚に強烈にアピールするため、興奮度が高い釣りだ。難易度が高い釣り方でも簡単にヒットするほど魚影も濃いため、ミノーやバイブレーション、メタルジグも織り交ぜるとゲーム性も増す。

今シーズンの状況をヤマハマリン西九州の山口さんに聞いてみたところ「ベイト(エサ)のカタクチイワシがたくさん入り、チヌもシーバスも例年になく釣れている。朝の2~3時間で2ケタ釣果はざら。特にチヌは1キロ前後で型がいい。シーバスは9月2週目くらいから急にサイズがよくなった。70センチオーバーも出始めて賑やかになっている。今、ベイトは10センチくらいの大きさ。ルアーはペンシルベイトやポッパーなどトップウオータープラグなら12~17センチを試したが、どれにもヒットして、ミノーやバイブレーションでも釣れて、なにを使ってもいい感じ。16日は陸っぱりで1時間釣って7回ルアーに出た。ボートならマリーナの目前でもよく釣れているから、初心者を連れて行くにも丁度いい」と話し、大会に向けて状況は急上昇中だ。

大会要項は次の通り。

【集合場所】
マリーナ・アルパマ(長崎県西彼杵郡時津町久留里郷1439-10)。
【競技】
陸、ボートを使用してのルアー・フライフィッシング。
【審査方法】
シーバス部門・タイ部門(マダイ・チヌ)それぞれのビッグワン1尾の全長。
【参加料】
(1)自艇の場合=1人3000円。
(2)レンタルボート(シースタイル会員限定)=1人3000円※ボートレンタル料=AS-21・F115(6h)1万2300円。YF-24(6h)1万7500円。ガソリン代は別途必要。
(3)乗り合い艇(YF-24・SR-X・ドライバー付き)1人8000円※定員4人。
(4)陸釣りの場合=1人2000円。
自艇での参加の場合は、JCI検査合格小型船舶操縦者免許を所有。保険に加入。
【その他】
艇の持ち込みは大会1週間前から可能。マリーナ使用料は無料、事前連絡が必要。
荒天の場合は、10月18日(日)に順延。
【申し込み締め切り】
10月4日(日)まで。申し込み方法などホームページにて「ヤマハマリン西九州」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年7月26日号表紙
    ■今週の特集 「LTアジ&シロギス」 夏休み特集第一弾として、気軽に楽しめる東京湾の2…
  2. 週刊へらニュース 2019年7月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「群馬の水郷」 梅雨明けが秒読み段階に入り、夏ベラ釣りが本番を迎え…
  3. 週刊つりニュース西部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏のタイ五目釣り」 胴突き仕掛けで楽しめるタイ五目釣りは人気の釣り…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年7月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「真夏のアユ」 ~梅雨が明けるとトモ釣り最盛期(2~3面) 8月…
  5. 週刊つりニュース関東版 2019年7月19日号表紙
    ■今週の特集 「海の釣り堀」 悪天候に強く、初心者やファミリーも気軽に楽しめる海の釣り…
  6. 週刊へらニュース 2019年7月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「袋のため池(千葉)」 長引く梅雨で、釣行をためらう人も多いはず。…
  7. 週刊つりニュース中部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「始めよう!! エリアトラウト」 ~子供からシニアまで&初心者からベ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年7月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 いよいよ本格的なシーズンを迎えた船のイカ釣り。…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年7月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 釣りの経験がない、家族や友人に手軽に釣りの楽しみを教…
  10. 週刊つりニュース関東版 2019年7月12日号表紙
    ■今週の特集 「夏ビラメ」 外房・外川や飯岡で6月から解禁しているヒラメ。今期は数、型…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る