「海釣図~GPS~フィッシングマップ~」を使ってシーズン迎えたカワハギをボートで狙う

map00

10月9日(金)、相模湾葉山港からヤマハマリンクラブシースタイルを利用してボート釣行。マップル・オンから発売中の便利な海釣り専用アプリ「海釣図~GPS~フィッシングマップ~」を使ってシーズンを迎えたカワハギを狙いました。

<晴山由梨>


午前8時30分、レンタル艇のYF21‐CCにタックルを積み込んで出艇。いつものことながら離岸と着岸は緊張します。あらかじめ聞いていた島周りのポイントへ向かうと手漕ぎボートが数隻。見るとライトコマセ釣りをしています。

map04島の先端をぐるっと周り、空いている場所へ。ボートに装備してある魚探と海釣図を見ながら、荒根が切れた平根の続く水深約18メートルでアンカリング。アサリエサを付け、さっそく釣り開始。

オモリ着底後、まずは魚の活性を見ようと仕掛けを動かさず待っていると1投目からアタリがあり、3個のエサすべてがきれいに取られていました。〝これは本命の仕業〟と次投からは底から1メートルタナを切り、セオリー通り仕掛けを上下にシェイク。

map02船中第一号はマップル・オンの高澤さん。ルアーロッドで器用にこまかい誘いを掛け、良型カワハギをゲットしています。私も負けじと竿先に集中、ビリビリとかすかに伝わるシグナルを聞きアワせ、小型ながら本命のカワハギがきました!

map01その後は入れアタリ状態の超高活性。なかなかアワせられない小型が沸く中、ぽつぽつ良型がヒット。同行した野田さんも本命にニッコリ。まだまだ釣れそうな雰囲気だったけど、3時間ほどで第1ステージのカワハギは終了。

次に、こちらもシーズンを迎えるアマダイ狙いに変更。海釣図の等深線を見ながら水深60~70メートルラインへ。おおよその場所に到着したら魚探を併用してカケサガリを狙います。パラシュートアンカーを入れたらタックルと仕掛けを替え、エサはオキアミ。

二流し目、鯛ラバで狙っていた高澤さんにアタリ。「そんなに引かないmap03からエソか何かですよ」と巻き上げてくると、海面に姿を見せたのは本命アマダイ。しかし、タモ取りしようとした瞬間、フックアウトで海中へ。すかさずマイポイントとしてアプリに保存。

アマダイがいることは確認できたので、ポイントはバッチリ!しばらく流したあと、GPS機能を使ってアタリがあった場所へ戻ります。

しかし、その後は本命からの魚信はなし。次第に南風が吹きだした午後1時半、早めに帰港しました。
今回利用した「海釣図」は簡単にいうと海上でのカーナビ。きれいで見やすい海釣り専用マップ。水深を表す等深線のほか、魚礁や根を正確に位置表示。そのほかマリーナやフィッシャリーナ、海の駅を収録。ボート航行時、気をつけなくてはならない干出岩や暗岩、危険界線、定置漁具の位置もひと目で分かります。

ナビ機能も満載。登録したポイント、行きたい場所へ針路や距離を示してくれるので、前回釣れたポイント、当日釣れた場所へ戻るのも容易。

さらに航跡や釣果写真を日記として保存できるから、とっても便利ですよ。

▼マップル・オン
「海釣図」
http://mapple-on.jp/products/kaichouzu/
取材協力:ヤマハマリンホットライン
http://sea-style.yamaha-motor.co.jp/
TEL0120(730)344

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 相模屋
    神奈川・相模原のフィッシング相模屋は12月31日まで歳末セールを開催している。 今年…
  2. はまぐりまつり
    12月17日(日)、鹿島灘はまぐり祭り実行委員会主催の第11回はまぐり祭りが鹿島灘漁業協同組合…
  3. 手ぶらタチウオ釣り大会
    12月22日、大阪・泉佐野のブルーマックスでは、「手ぶらで船釣りタチウオ釣り大会」を開催する。…
  4. フィッシングイチバン池田
    大阪・池田市にあるフィッシングイチバン池田では、12月18日、釣研×釣武者&tim…
  5. 浜野HC
    千葉県市原市にある浜野HCが第3回大型5枚検量大会を開催する。 要項は次の通り …
  6. 栃木県小山市にある吉森へら鮒センターが、ミニ賞金大会を開催する。 要項は次の通り …
  7. モーリス「ハードトップTiNICKS」
    チタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理で、強さと超耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高…
  8. ティムコ 「ジョイントワックス」
    ロッドのジョイント部をしっかりフィットさせ、緩みやガタつきを抑える。スピゴット(印籠継ぎ)・フ…
  9. ヒロキュー 「めっちゃ喰う!」シリーズ
    【トウモロコシ】 コーンペーストをたっぷり配合したアピール力抜群のトウモロコシイエロー。中…
  10. 週刊つりニュース関西版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒ベラ期待大」 水温がグッと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る