入鹿池では早くもワカサギが絶好調

miharasi00

朝夕の気温がぐっと下がり、愛知県犬山市の入鹿池では早くもワカサギが絶好調だ。入鹿池で貸しボート店を営む見晴茶屋(みはらしじゃや)では、一日平均釣果は5~10センチを50~80匹といったところだが、いい人は余裕の3ケタ釣果。

miharasi0110月18日にはみよし市の西岡さんが十三塚沖でなんと600匹!驚異の釣果を上げた。また17日にも小牧市の稲山さんが300匹上げている。

入鹿池のワカサギ釣りシーズンは、毎年10月ごろから3月ごろまで。ボート釣りが基本で、陸釣りは禁止だ。手こぎボート、エレキ付きボート(免許不要艇もあり)などから選ぶことができる。

初心者も大歓迎、手ぶらでも楽しめるので、池を知り尽くしたスタッフにポイントや仕掛けなど相談してみよう。見晴茶屋では食事や休憩もでき、犬山名物でんがく料理の他、ワカサギ釣りで冷えた体が温まるメニューが盛りだくさんだ。

見晴茶屋の料金は、貸ボート2500円(ノータイム、2人乗り)、貸ザオ(仕掛け付き)800円、エサ(アカムシ)300円。レンタルエレキ2000円、貸バッテリー500円。マキエと船外機(ガソリンエンジン)の使用は禁止。

miharasi02ちなみに入鹿池では、バスフィッシングでも良型が出ている。10月12日には尾張旭の関さんが47センチをキャッチ。

▼問い合わせ
見晴茶屋=電話0568(67)0705

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年7月10日号表紙
    ■今週の特集 「イサキ快竿」 梅雨といえばイサキ! 外房・大原 ニビヤ…
  2. 週刊へらニュース 2020年7月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「逆川(埼玉)」 新型コロナウイルスの影響で、都道府県をまたいだ移…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 今週のつり作戦は、夏休みにはみんなで楽しんでほしい「…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏色サーフへ!! 投げキス指南」 ~引きの強さに驚かされることも!…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年7月3日号表紙
    ■今週の特集 「マダコ絶好」 東京湾で昨年に続き、好調なマダコ。7月に解禁される地区も…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年7月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海釣り公園特集」 今年はいつもの夏と様子が違うけれど、短くても夏休…
  7. 週刊へらニュース 2020年7月3日号表紙
    「三名湖(群馬)」 水位がほぼ満水状態まで回復した群馬県藤岡市にある三名湖。二の入江ロープ…
  8. 週刊つりニュース中部版表紙
    ■今週のつり作戦 「テナガエビ&ハゼ楽釣」 ~どちらもこれから最盛期!! 木曽川で遊ぼ…
  9. 週刊へらニュース 2020年6月26日号表紙
    「水元小合内溜(東京)」 東京都葛飾区の水元公園にある水元小合内溜は数よりも型が魅力。両ダ…
  10. 週刊つりニュース関東版 2020年6月26日号表紙
    ■今週の特集 「梅雨こそ狙いめ」 【特別企画】 ・短期連載 人生最高フィッシング …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る