「照楽園カワハギ釣り会」リポート 久比里夫婦橋 東京湾

shoraku_kawahagi00

今年発売された照楽園オリジナルの専用ザオ

11月8日(日)、東京湾久比里夫婦橋の船宿で「平成27年度第83回照楽園カワハギ釣り会」が開催された。東京杉並にある本紙協定釣具店・フィッシングショップ照楽園の主催で24人が参加。
shoraku_kawahagi02
午前6時ごろから集合し各自アサリむき。抽選で釣り座を決め8時に河岸払い。ポイントは剣崎沖で航程20分。水深21メートルからスタート。海面がざわついている程度でウネリはない。シトシト雨で北東の微風。
shoraku_kawahagi05
潮は速く、すぐに底を切らないと根掛かりしてしまう。オモリをロストする人が多いなか、船中1尾目は左舷ミヨシ寄りの上田弘平さんに上がり、「1投目でオモリを取られたので、底を切って上めを狙い、上バリに掛かりました」と20センチ級を披露。続いて左舷の宮園忠文さんにもヒット。shoraku_kawahagi04同店特製の竿、照楽カワハギ220を使って25センチの良型。前回の第82回大会で1位を飾った三宅健治さんも今年発売された「照楽カワハギSP215」を使って順調。

オモリは全員25号をshoraku_kawahagi03使っていたが、釣りづらくなり30号に変更。ほどほどにエサが取られ、魚の活性は上々。ワッペンサイズはほとんど交じらずに、23~25センチが揃う。

最新型の専用竿を使う人がいれば、じっくり魚の引き味を楽しむために和竿を使う人もいる。桃井利直さんは汐よし作の竿でアベレージサイズをゲット。中村忠雄さんも和竿で25センチ。

終始コンスタントに上げた上田さんの仕掛けは、標準的なハゲバリ5号。チモトは蛍光留め加工してあり、オレンジとグリーンの2色。後者によく掛かったとのこと。終日雨で空が暗く、アピールが効果的だったのかもしれない。オモリは白の小田原型。剣崎沖で居着きの良型狙いなので誘いはあまり激しくはせず、止めてアタリを待つほうがよかった。この釣り方で午後3時の納竿までに11尾。船中のトップを飾った。

2位は左舷ミヨシ寄りの中村忠雄さんで10尾。左舷トモ寄りの桃井利直さんは9尾で3位。右舷ミヨシの手塚由起雄さんは同数で4位。30センチ級も上げていた。小澤忠弘店主も同数で9尾が3人と大接戦だった。
shoraku_kawahagi01
なお8尾が2人、7尾が3人。全員で144尾、平均6尾だった。表彰の後は参加者全員に賞品が手渡され4時に閉会。

トップの上田さんが「173センチの竿を使っていましたが、205センチのものにしたらペースがよくなりました」と言っていたが、全体的に見ても2メートル以上の竿を使う人が釣果を伸ばしていた。

▼問い合わせ
フィッシングショップ照楽園

〈週刊つりニュース東京本社・青砥一生〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊つりニュース関東版 2021年1月29日号表紙
    ■今週の特集 「タナゴ満喫」 タナゴ推薦釣り場 茨城・西谷田川周辺、茨城・霞ヶ浦周…
  3. 週刊へらニュース 2021年1月29日号
    ■今週の推薦釣り場 「上大島ファミリー釣り場(神奈川)」 年明けから冷え込みが厳しくな…
  4. 週刊つりニュース西部版 2021年1月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「オフショアゲーム」 今週のつり作戦は、通常のつり作戦とは趣向を変え…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年1月29日号表紙
    ◎今週は「2月渓流解禁特集」!! いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近…
  6. 週刊つりニュース関東版 2021年1月22日号表紙
    ■今週の特集 「タコ&イカ熱視線」 いよいよヤリイカが本格的にシーズンイン。各地から釣…
  7. 週刊へらニュース 2021年1月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 相次ぐ寒波でどこの釣り場も苦戦が続く。オデコ…
  8. 週刊つりニュース西部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、注目度ナンバー1の寒グロを特集。水…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ロックフィッシュと遊ぼう」 ~冬のベイエリアの人気者たち(2~3面…
  10. 週刊へらニュース 2021年1月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「早霧湖(静岡)」 冬は底釣りが面白い。さらに長竿不要とくれば、初…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る