三重県鳥羽「2015K‐1(カワハギグランドチャンピオン)」結果リポート

k1ダイワの宮澤さん

11月15日、三重県鳥羽の国崎沖を舞台に「2015K‐1(カワハギグランドチャンピオン)」〈主催・プロショップかつき、フィッシング遊〉が開催された。
同大会は、2014年の12月に行われた第1戦と、2015年1月の第2戦のポイント合計で選ばれた上位入賞者16人(2人棄権)で競われた。

当日は、小雨が降る午前5時30分から受け付けが始まり、同時にくじ引きで釣り座を決定。終了後、プロショップかつきの勝木社長の開会あいさつに続き、アサヒレジャー株式会社・本部の位田さんから大会ルールが説明され、午前6時に国崎漁港を出船した。

大会は午前6時から11時までの5時間で釣ったカワハギの総匹数を競う。早朝まで残った雨も出船時には上がり、北西の強風が心配されたが予想外に弱かった。

船は15分ほど走って水深40メートル弱のポイントに到着した。全員の準備が整ったところで、競技開始の合図が出た。さすが予選を勝ち抜いた精鋭たち、まずは左舷ミヨシの芳山選手が口火を切ると、続いて右舷ミヨシの平田選手がアタリを引きだし、25センチ級のカワハギが取り込まれた。

開始から30分ほどで船の両舷ミヨシ近くに入った選手がコンスタントに数を伸ばし、両舷トモ寄りの三宅選手、品田選手、清水選手が後を追う展開となった。この日は思っていた以上にカワハギのアタリは多く、2時間ほどでトップは15匹仕留めていた。

ところが、調子が良かったのは午前8時30分まで。8時30分に釣り座の移動が行われた後はアタリも少なく、エサがそのままの状態で残ってくる。船長はポイント移動を繰り返すが、本命カワハギのアタリは少なく、キタマクラやキュウセンがハリ掛かりしてきた。
k1上位入賞者と参加者
そして残り30分になったところでポイント移動。ここでは単発ながら数人の選手がカワハギを仕留め、午前11時に競技終了となった。
帰港前に船上で検量が行われた結果、前半にきっちり釣果を重ねた仙台市の芳山広志選手が初のK -1グランドチャンピオンの栄冠を仕留めた。
なお、順位は次の通り(敬称略)

(1)芳山広志17匹
(2)平田善政16匹
(3)宮澤幸則13匹
(4)柿木雅志13匹
(5)品田貴行12匹
(6)三宅功12匹
(7)清水恭仁11匹
(8)樽井真悟10匹
(9)出向井亘和10匹
(10)三鬼悦嗣10匹

〈週刊つりニュース中部本社・編集部〉

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年8月21日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「新木水路(千葉)」 千葉県柏市~我孫子市にかけて流れる新木水路は…
  2. 週刊つりニュース中部版 2020年8月21日号表紙
    ■今週のつり作戦 「メッキ襲来!! 夏のライトソルトゲーム」 ~黒潮の申し子がやって来…
  3. 週刊つりニュース関東版 2020年8月14日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」ほか ◎秋丸美帆さんが挑戦 鹿島 植田丸 テンヤマダ…
  4. 週刊へらニュース 2020年8月14日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「聖湖(長野)」 長野県麻績村にある標高1000メートルの高原湖・…
  5. 週刊つりニュース中部版 2020年8月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ルアーフィッシング!! 陸っぱりタチウオ攻略」 ~神出鬼没で幽霊魚…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年8月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「投げキス釣り」 今年は短い夏休みだけど、やっぱり嬉しい家族での夏休…
  7. 週刊つりニュース関東版 2020年8月7日号表紙
    ■今週の特集 「夏休み特集」 ・近場で安心 短時間でOK 東京・神奈川・千葉 オス…
  8. 【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2020年8月7日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「中綱湖(長野)」 真夏は標高がある高原や山上湖の釣りがいい。だが…
  9. 週刊つりニュース西部版 2020年8月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 夏も本番を迎えて、さらに加速するイカメタルゲー…
  10. 週刊つりニュース中部版 2020年8月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夜の投げ釣りに行こう!! ターゲットは夜行性の大型魚」 ~思わぬ浅…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る