「2015年度がまかつへらぶなチーム対抗戦東日本大会」結果リポート

gama_hera01

11月21日(土)、2015年度がまかつへらぶなチーム対抗戦東日本大会が埼玉県羽生市にあるつり処椎の木湖で開催された。参加97組・194人。当日は晴天微風の釣り日和。前後半3時間ずつの大会を制したのは松岡憲彦・南方努ペアで、釣果は77.29キロ。釣り方は両者とも短竿チョウチンウドンセットだった。

〈週刊へらニュース・関口〉


釣り座は抽選。各選手が2.3号各桟橋に分かれ、前半・後半で区切り同桟橋上で釣り座も移動となる。なお前半で渡り桟橋よりも奥なら、後半ではその逆となるよう当て番される。
gama_hera03
午前7時30分、前半の競技開始。釣り方は圧倒的にチョウチンウドンセットが目立ち、次に浅ダナセット。新ベラ目当ての沖宙両グルgama_hera04などは極少数だった。

込むと渡り桟橋よりも奥が有利となるのが椎の木湖のセオリー。しかも午前中ほどこの日は食いがよかった。そのため最初に奥マスに入り、釣り方を合わせた選手が個人上位釣果をほぼ独占。だがそこはチーム戦。手前マスに入ったペアの選手の釣果が著しく低いと上位進出は望めない。
gama_hera02
gama_hera06午後もこの傾向は変わらず。つまり奥マス選手の貯金を、いかに食いつぶさずに手前マスの選手が釣るかが最大の見どころであった。

gama_hera05午後2時30分、競技終了。集計の後、駐車場に張られたテント前で表彰式へと移る。入賞は8位まで。優勝は松岡憲彦・南方努ペアで、その釣果推移を見るとやはり奥マスに入ったほうが手前よりも勝っていた。その後はお楽しみ抽選会や飛び賞発表などがあり、笑顔で大会終了となった。

つり処椎の木湖
TEL048(565)4133gama_hera07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース西部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のアオリイカ(エギング)」 春アオリといえば、産卵のために浅場…
  2. 週刊つりニュース関東版 2017年3月31日号表紙
    ■今週の釣り物「マブナ」 「釣りはフナに始まり、フナに終わる」という格言もあるくらい、多く…
  3. 週刊つりニュース関西版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みマダイと勝負」 関西のサクラも開花までいよいよ秒読み、そし…
  4. 週刊へらニュース 2017年3月31日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「鳥羽井沼自然公園の池(埼玉)」 都心ではサクラが開花していよいよ…
  5. 週刊つりニュース中部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセ春の乗っ込みクロダイ雄姿」 ~回遊&居…
  6. シーガーPE X8
    シーガーからこだわり派のためのPEライン「シーガーPE X8」が4月発売予定。 同社…
  7. F90CETX
    ヤマハから軽量・コンパクトを追求した4ストローク船外機「F90C」が4月発売。 新世…
  8. hayabusa
    ハヤブサからタイにこだわる船釣り師のための「無双真鯛」シリーズに鱗ケイムラサバ皮とケイムラフッ…
  9. 総会の様子
    3月4日(土)、埼玉県川口市にある市民ホール・フレンディアで日本へら鮒釣研究会の平成29年度定…
  10. 5月20日(土)、第38回湘南ひらつかシロギス沖釣り大会=平塚市観光協会主催=が開催される。 …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る