「2015年度がまかつへらぶなチーム対抗戦東日本大会」結果リポート

gama_hera01

11月21日(土)、2015年度がまかつへらぶなチーム対抗戦東日本大会が埼玉県羽生市にあるつり処椎の木湖で開催された。参加97組・194人。当日は晴天微風の釣り日和。前後半3時間ずつの大会を制したのは松岡憲彦・南方努ペアで、釣果は77.29キロ。釣り方は両者とも短竿チョウチンウドンセットだった。

〈週刊へらニュース・関口〉


釣り座は抽選。各選手が2.3号各桟橋に分かれ、前半・後半で区切り同桟橋上で釣り座も移動となる。なお前半で渡り桟橋よりも奥なら、後半ではその逆となるよう当て番される。
gama_hera03
午前7時30分、前半の競技開始。釣り方は圧倒的にチョウチンウドンセットが目立ち、次に浅ダナセット。新ベラ目当ての沖宙両グルgama_hera04などは極少数だった。

込むと渡り桟橋よりも奥が有利となるのが椎の木湖のセオリー。しかも午前中ほどこの日は食いがよかった。そのため最初に奥マスに入り、釣り方を合わせた選手が個人上位釣果をほぼ独占。だがそこはチーム戦。手前マスに入ったペアの選手の釣果が著しく低いと上位進出は望めない。
gama_hera02
gama_hera06午後もこの傾向は変わらず。つまり奥マス選手の貯金を、いかに食いつぶさずに手前マスの選手が釣るかが最大の見どころであった。

gama_hera05午後2時30分、競技終了。集計の後、駐車場に張られたテント前で表彰式へと移る。入賞は8位まで。優勝は松岡憲彦・南方努ペアで、その釣果推移を見るとやはり奥マスに入ったほうが手前よりも勝っていた。その後はお楽しみ抽選会や飛び賞発表などがあり、笑顔で大会終了となった。

つり処椎の木湖
TEL048(565)4133gama_hera07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース西部版 2020年10月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋の近場小物釣り」 爽やかな秋晴れが広がれば、みんなで出かけたい近…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年10月2日号表紙
    ■今週の特集 「カワハギ奥妙」 東京湾・久比里夫婦橋発 前年度DKO王者が初期の竹岡沖…
  3. 週刊へらニュース 2020年10月2日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「群馬の水郷(群馬)」 今年の夏は連日の猛暑が続いたが、ここに来て…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年10月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アオリイカ盛期」 ~イカダエギングを始めよう(2~3面) 季節…
  5. 週刊へらニュース 2020年9月25日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「亀山湖(千葉)」 千葉県君津市にある関東を代表する大型の聖地・亀…
  6. 週刊つりニュース関東版 2020年9月25日号表紙
    ■今週の特集 「キハダ&カツオ」 キハダ・カツオ。先月末から釣れ始め、カツオがいい人ツ…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年9月25日号表紙
    ■今週のつり作戦 「落とし込み」 船釣りファン待望の秋。注目を集めるのは、やはり「落と…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年9月25日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ウタセ五目楽釣」 ~仕掛けは胴つき3本バリが基本!! 伊勢湾の多彩…
  9. 2021_つり手帳フライヤー_予約受付中
    2021年版『つり手帳』好評発売中→http://tsurinews.co.jp/p…
  10. 週刊つりニュース関東版 2020年9月18日号表紙
    ■今週の特集 「ショウサイフグ」 茨城・鹿島の不動丸や、今月部分解禁になった大原港から…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る