「ダイワへらマスターズ2015全国決勝大会」結果リポート 筑波流源湖

dmh01

グローブライド株式会社が主催するダイワへらマスターズ2015全国決勝大会が11月28日(土)と29日(日)、茨城県結城郡にある筑波流源湖で開催された。シード選手を含め24人が熱戦を展開し、岡田健司氏が初優勝した。

〈本紙・髙﨑〉

dmh03
一日目に選手24人を6グループに分け予選3回戦(各組上位1名が準決勝進出)が行われ茂木昇一、柴崎誠、斉藤心也、シン・ジョンピル、廣部良治、岡田健司の選手6人に絞られた。

二日目の準決勝は、茂木・シン・斉藤と柴崎・岡田・廣部の2組に分かれて2時間の釣果を競った結果、9.75キロの岡田氏と9.5キロのシン氏が決勝へ。

両者ともに初の決勝進出。岡田氏は関西地区代表、シン氏は2015年韓国へらマスターズを優勝し、同大会史上初の韓国代表として進出した。

午前10時30分から2時間の勝負。2人ともウドンセットでタナ1メートルを狙う。静かな水面に同じテンポでエサ打ちを繰り返す。先に1枚目を掛けたのはシン氏。すかさず岡田氏も釣り返す。シーソーゲームになるかと思われたが、ここから岡田氏が枚数でシン氏を先行していく展開に。決勝では桟橋に2人だけなので、プレッシャーから解放されたヘラが一気に高活性に。ウキが立たdmh04なくなるほど魚の寄りが激しくなり、その状況にシン氏は苦戦。岡田氏はスレもあるが、淡々とカウントを伸ばしていく。

午後0時30分競技終了。検量の結果、岡田氏22枚16.55キロ、シン氏16枚13.1キロ。岡田氏が栄冠を手にした。

シン氏は「決勝の舞台までこれて満足。もっと練習して次は優勝したい」と晴れやかな笑顔で答えた。岡田氏は「自分が優勝していいのかと思ってしまうほどとても嬉しい。(関西地区代表として)関東のセット釣りに勝てたことは自信になったし、この優勝が関西勢の励みになればと思います」と謙そんした笑顔を浮かべていた。
dmh02dmh05
http://www.daiwaweb.com/jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 相模屋
    神奈川・相模原のフィッシング相模屋は12月31日まで歳末セールを開催している。 今年…
  2. はまぐりまつり
    12月17日(日)、鹿島灘はまぐり祭り実行委員会主催の第11回はまぐり祭りが鹿島灘漁業協同組合…
  3. 手ぶらタチウオ釣り大会
    12月22日、大阪・泉佐野のブルーマックスでは、「手ぶらで船釣りタチウオ釣り大会」を開催する。…
  4. フィッシングイチバン池田
    大阪・池田市にあるフィッシングイチバン池田では、12月18日、釣研×釣武者&tim…
  5. 浜野HC
    千葉県市原市にある浜野HCが第3回大型5枚検量大会を開催する。 要項は次の通り …
  6. 栃木県小山市にある吉森へら鮒センターが、ミニ賞金大会を開催する。 要項は次の通り …
  7. モーリス「ハードトップTiNICKS」
    チタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理で、強さと超耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高…
  8. ティムコ 「ジョイントワックス」
    ロッドのジョイント部をしっかりフィットさせ、緩みやガタつきを抑える。スピゴット(印籠継ぎ)・フ…
  9. ヒロキュー 「めっちゃ喰う!」シリーズ
    【トウモロコシ】 コーンペーストをたっぷり配合したアピール力抜群のトウモロコシイエロー。中…
  10. 週刊つりニュース関西版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒ベラ期待大」 水温がグッと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る